menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 鼻水ずるずるは可愛くないゾ!知る人ぞ知る花粉症撲滅運動6連発!
  2. ワタシ史上最高にカワイイ日に♡バレンタインに着たい主役級アイテム20
  3. どうせ切るならとことん髪ばっさり!新しいオノレを発見しちゃいましょ♪
  4. お手軽に作れる優秀レシピがたくさん♡みんな大好き丼ぶり特集!
  5. 魔法がいっぱい赤Tシャツは雰囲気で魅せる*ガールズSNAP*コーデ15…
  6. 姫路でディナー♪特別な日にオススメなお店を紹介
  7. アレンジ無限の魔法。のっけて焼くだけ“のっけパン”で楽しい朝食を
  8. 彼へのプレゼントはキティちゃん?!「HELLO KITTY × nen…
  9. フォロワー50万人!ミニチュアカレンダーが毎日をクスっと彩るんや
  10. アシンメトリーで視線を奪え!涼しげショートヘアカタログ♡
閉じる

キュレーショナー

多発性硬化症の人では寿命が短い傾向、一緒に存在する症状の改善が大切か

全身の神経がダメージを受ける「多発性硬化症」の寿命は短い傾向があるようだ。一緒にかかる病気への配慮が重要となると見られる。

寿命について調査

カナダの研究グループが、神経分野のニューロロジー誌2015年7月21号で報告したもの。多発性硬化症にかかっている人の生存率は上昇しているものの、世界には230万人が病気にかかり、死亡のリスクとも直面している。研究グループは、多発性硬化症にかかっている5797人、そうでない2万8807人を比較した。

糖尿病や心臓病が問題に

多発性硬化症とそうではない人には寿命に差が確認できた。多発性硬化症の人は寿命が76歳を中心に分布していた、そうでない人は83歳だった。多発性硬化症の44%は多発性硬化症または関連する合併症で死亡していた。死亡率を上げていた一緒にかかる病気は、糖尿病、心臓に血流が届きにくくなる虚血性心疾患、うつ、不安障害、肺がん。多発性硬化症以外の人でも同じ傾向だった。

病気全般が死亡率を高める

多発性硬化症の死因で最も多かったものは神経系の病気と循環器系の病気。感染症や呼吸器系の病気による死亡率は、多発性硬化症では高い傾向があった。研究グループによると、多発性硬化症に関連した病気があるから死亡率が上がるというよりも、全般的に病気になりやすくなり死亡率が高まるという傾向と見られる。多発性硬化症にかかっているときには、病気全般の対策が重要になりそうだ。

文献情報

Neurology. 2015 Jul 21;85(3):240-7. doi: 10.1212/WNL.0000000000001718. Epub 2015 May 27. Research Support, Non-U.S. Gov’t

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 生クリームが冷凍保存できるって知ってた?そのまま食べればアイスに…

  2. 腰痛に精神ストレスへの治療が効果、「認知行動療法」を応用

  3. 肺動脈弁狭窄症は先天性の心臓の病気!気になる5つの検査法など詳し…

  4. 「ワンショット学習」、効果的な学びに、脳の神経回路に秘密の一端、…

  5. うどんのカロリーは?実は低カロリー!だけど太りやすい気がするのは…

  6. 薬よりも糞便移植、1700年前に「黄色いスープ」と呼ばれた治療は…

  7. 【妊娠の兆候】をいち早く知りたい!頭痛・腹痛・腰痛は妊娠の兆候か…

  8. 美容感度が高い女性が注目の、今イチオシの青汁はコレ♪

  9. 人生に疲れたな、と思ったとき。自分の深層心理と7つの対処法

  10. 耳鳴りに効くツボとは?針やお灸は効果があるの?高温などの3つの音…

  11. 【仕事辞めたい人へ】転職経験者が教える!辞める前に考えるべき10…

  12. 腹膜炎は激しい腹痛がサイン!原因になる9つの病気をチェックしよう…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る