menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 春の風を感じるワンピースはLOWRYS FARMで着こなしてお出かけ♪…
  2. スポーティコーデに◎なキャップを使ったレディースコーデ♡
  3. 今東京で一番"きている"グルメエリアが武蔵小山!ま…
  4. 《オレンジコスメ》で作るジュワッとヘルシー顔で太陽みたいなハッピー女子…
  5. 遠征にオススメ!横浜アリーナ周辺のホテル
  6. 黒のTシャツを主役にするコーデテクを習得!
  7. 渋谷でスペイン料理はいかが?少人数から貸し切りまでおすすめの店
  8. 難解ヘアアレンジに別れを告げて。たまねぎヘアで簡単カワイイを手に入れよ…
  9. 一息つきたい時に立ち寄りたい♡和歌山で人気のカフェ10選
  10. 廃校×おしゃれ=アート千代田3331で楽しむとっておきの1日。
閉じる

キュレーショナー

C型肝炎かつて日本では最悪だったウイルスが99%消失、新薬の威力

2つのC型慢性肝炎の薬を一緒に使うことで、95%の確率でウイルスを消失できたと報告された。C型肝炎をめぐっては、新薬が次々と登場してくる予定で、一挙にウイルス克服の日が近づいてきそうだ(C型肝炎新薬が1錠6万円、3カ月500万円強で完了、「許容できる範囲」の研究報告を参照)。独ゲーテ大学のシュテファン・ゾイゼム氏らの研究グループが、内科領域の有力誌であるアナルズ・オブ・インターナル・メディシン誌で2015年4月24日に報告している。

12週間1日1回の服用

日本ではC型肝炎の新薬として「ソホスブビル」と「レジパスビル」という薬が登場する見通しとなっている。これとは別の薬であるNS3/4Aプロテアーゼ阻害薬の「グラゾプレビル」とNS5A阻害薬の「エルバスビル」という薬の効果を検証する試験の結果が出てきている。グラゾプレビルとエルバスビルを一緒に使うと、C型肝炎ウイルスの遺伝子型の1型、4型、6型というウイルスに有効だと分かった。ちなみに、日本では1型が多い。未治療のC型肝炎ウイルス(HCV)遺伝子1、4、6型のいずれかに感染する421人を対象として、米国、欧州、オーストラリア、スカンジナビア半島、アジアの60施設で試験が実施された。対象となった人を3:1の割合で2つのグループに分けて、一方のグループにはすぐに実際の薬を飲んでもらい、もう一方のグループはやや遅れて実際の薬を飲んでもらうようにした。すぐに飲んでもらうグループは、12週間にわたって1日1回グラゾプレビル100mgとエルバスビル50mgを飲む。12週後の持続的にウイルスが消失している状態になった人の割合を比較している。対象となった421人のうち、女性は4割弱、非白人は4割弱を占めていた。遺伝子型1型のウイルスに感染していたのは9割。肝臓の機能が著しく落ちる肝硬変になっている人はおよそ2割だった。

肝硬変でも97%でウイルス消失

結果として、すぐに薬を飲んだ316人のうち95%に当たる299人で持続的にウイルスが消失していた。遺伝子1型のうち、遺伝子型1a型だった人はほぼ9割で持続的にウイルス消失、遺伝子型1b型では99%で持続的にウイルス消失となった。1b型は日本では特に多いと知られており、かつてインターフェロンという薬くらいしかなかった時代には、ウイルスがなかなか消えず、多くの治療を受けた人が治療失敗に終わった歴史がある。今でも厄介なウイルスであるのは変わりない。そんな最悪のウイルスが遂にほぼ全員で治しきってしまうような時代になるといえる。このほか遺伝子型4型では100%、遺伝子型6型は8割でウイルスが持続的に消えた。さらに、肝硬変の人でも97%で持続的にウイルス消失、肝硬変がない人では94%でウイルス消失となった。316人のうち治療失敗は13人にとどまった。副作用は頭痛(17%)、倦怠感(16%)、吐き気(9%)だった。C型肝炎の治療に転機を迎えるのは間違いない。

文献情報

Zeuzem S et al. Grazoprevir-Elbasvir Combination Therapy for Treatment-Naive Cirrhotic and Noncirrhotic Patients With Chronic HCV Genotype 1, 4, or 6 Infection: A Randomized Trial. Ann Intern Med. 2015 Apr 24. [Epub ahead of print]

Ann Intern Med. 2015 Jul 7;163(1):1-13. doi: 10.7326/M15-0785. Clinical Trial, Phase III; Multicenter Study; Randomized Controlled Trial; Research Support, Non-U.S. Gov’t

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 魚油由来のオメガ3脂肪酸が筋肉もアップ、60歳以上の男女で効果確…

  2. 診断が難しい早期アルツハイマー病、「単語認識テスト」が見極めのツ…

  3. 光で脳を操る新手法、米国スタンフォード大学が報告

  4. 計るだけダイエットって何?1日2回体重計に乗るだけで痩せると話題…

  5. 話題のレモン水ダイエットって?レモン水の作り方と8つのダイエット…

  6. ロードバイクのおすすめメーカー9選!海外・国内各メーカーの特徴を…

  7. 一日の疲れが取れないと思ったら試して欲しい6つの事

  8. はしか(麻疹)は感染力が非常に強い感染症!ワクチンで予防を!合併…

  9. 無視する人の心理4つが知りたい?!する人される人の特徴6つと付き…

  10. [11/22 Hot Topics]プレゼント付!期間限定&qu…

  11. スポーツ心臓って何?症状や原因、突然死との関係性について知ってお…

  12. 『糖質と糖類』ってどう違うの!?あなたは知ってる?美容と健康に役…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る