menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 神秘すぎる世界「青の洞窟」に手頃にいけ違う?♡
  2. 「なんか甘いもの食べたい!」から30分以内に糖分摂取できるスイーツレシ…
  3. オケージョンコーデにひとめぼれ♡GRACE CONTINENTALで個…
  4. え!?恵比寿にこないな美容室が??
  5. かっちりで地味なお仕事コーデを、デート仕様にする5つのテクニック♡
  6. あれ、やり過ぎ?お目立ちドレスは、ヌーディーLIPでドレス"…
  7. 思わず見惚れるツヤ感を。この春に使いたい本命ベースメイク
  8. 美肌もスリムも内側から。キレイな人が習慣で食べている5つの赤い果物とは…
  9. 溢れる透明感にパッと明るくなる。”アッシュグレージュ”ヘアカタログ
  10. その美しさ、5割増し。行って感じた「さっぽろ雪まつり」の最推しスポット…
閉じる

キュレーショナー

アメリカ原住民の結核に意外な由来

梅毒はコロンブスのアメリカ大陸発見以後、新大陸からヨーロッパにわたり50年以内に世界中に広がったと考えられている。これは、わが国も含めてそれ以前に梅毒と同じ症状に関する記載がないことからの結果だ。一方、コロンブスはアメリカ大陸に結核を持ち込み、この流行が新大陸原住民の人口の減少につながったとされている。事実、遺伝子比較を行うと、アメリカ原住民の結核もヨーロッパ人の結核と同じであり、これを裏付けている。ただ梅毒と異なり、コロンブス以前のアメリカ原住民の骨格の中に、結核によるカリエスと思われる病変が認められるという記録が多くある。従って、コロンブス以前のアメリカには別の結核菌による結核が存在したと考えられている。この結核菌とは現在世界に存在する結核菌のどれに近いのか?

意外な由来から

この問題に挑戦したのが今日紹介するドイツチュービンゲンの考古学研究所からの研究で、国際的な科学誌ネイチャー誌オンライン版に掲載された。タイトルは「コロンブス以前の結核菌ゲノムは新世界現地人の結核がアザラシを起源としていることを明らかにした(Pre-Columbian mycobacterial genomes reveal seals as a source of new world human tuberculosis)」だ。研究ではコロンブスのアメリカ大陸発見以前の南米原住民の骨格の中でカリエスの症状がはっきりしている骨格を68人分集め、その中から結核菌を分離している。幸い3人分の骨格から完全な結核菌DNAを採取することに成功し、このDNA配列を解読、現存の全ての結核菌と比較している。結果は全く予想外だった。コロンブス以前アメリカ原住民に流行していた結核菌は、現在の結核とは全く異なり、なんと現在のアザラシやアシカに特異的な結核に最も近い種類であることが示された。アザラシの成育範囲から見て、コロンブス以前の結核が1万年前ベーリング海峡を通って移動した新大陸原住民の祖先と一緒にやって来たことは考えにくい。実際、この結核菌のアザラシ型とヒト型の分離時期を計算すると2500年より新しい。著者らは、おそらくアフリカに生息しているアザラシが南米に渡来し、それが人に感染しながら変異を重ね、コロンブス以前の南米で流行したヒト型結核菌へと進化したのではないかと想像している。

オーストラリアでも同じか

同じ研究で、オーストラリアのアザラシにも700年以前に分かれた系統の結核菌が確認されている。とするとキャプテンクック以前のオーストラリア原住民からも同じ系統の菌が見つかると予想される。研究が待たれる。人間や動物が感染症と闘いながら進化してきたことを物語る面白い論文だ。私が京大胸部疾患研究所で研修医をしていた頃、京都市動物園からキリンから抗酸菌が検出されたがどうしたらいいかと電話をもらった記憶がある。当時菌の系統の特定、特に動物の抗酸菌の特定は難しかった。あれから40年、全く時代が変わったと感慨が深い。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 強い女になるために大切なこと4選!強い女のとはどんな女?英語や歴…

  2. 「気の利く人」は脳の灰白質が多い

  3. 断食の方法は簡単?6つの効果と断食の種類・朝だけ断食や注意点など…

  4. トレーニングマットで筋トレの質が変わる?マットの厚さはどう選ぶ?…

  5. 爪かみの習慣をどう治す?

  6. マイコプラズマ肺炎のうつる確率と期間は?予防法も教えます

  7. 眉の脱毛ってどうすればいいの?今や男性でも当たり前!?今すぐイメ…

  8. 認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると…

  9. 『糖質と糖類』ってどう違うの!?あなたは知ってる?美容と健康に役…

  10. 大人に多い胸のニキビ!その原因と治療法。間違われやすい病気など

  11. 創造性の遺伝子、統合失調症や双極性障害の遺伝子と同じルーツかもし…

  12. LSDなど幻覚誘発薬に規制緩和を求める動き、有力医学誌で「有害性…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る