menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 【就活生必見】印象の8割を決める!面接勝ちの眉メイクをマスターせよ♡
  2. 一人暮らし始めます。白基調のお部屋作りを目指すアナタが見落としがちの家…
  3. 丈感や色別!ミリタリーコートのレディースコーデ♡
  4. 〈恋する女子必見♡〉岐阜県の恋愛成就・縁結びを叶えるおすすめ初詣スポッ…
  5. 親知らずを抜いて小顔になるのは本当?20歳になったら考えるべき処置につ…
  6. 2016春は高彩度カラーにひと目ぼれ♡〔フィエスタ〕で作る色っぽネイル…
  7. 【遂に発売!】ヘアビューロン ストレート 使えば使うほど髪が潤うヘアア…
  8. 本町の人気イタリアンで本場の料理やワインを堪能してみませんか?
  9. 寒い季節を楽しく過ごす。冬のWishリストを作りましょう
  10. 秋冬ヘアスタイルのテーマは愛され女子に決定♪
閉じる

キュレーショナー

「気の利く人」は脳の灰白質が多い

道徳的な問題に直面したときに、自ら状況を判断して取るべき選択を決める。そうした判断力に長けた人がいる。いわば「気の利く男女」と言えるかもしれない。そうした判断力において成熟度の高い人は、脳の中で神経細胞が集まる「灰白質」と呼ばれる領域が多いと分かった。米ペンシルベニア大学医学大学院のヘンイ・ラオ氏らの研究グループが、オンライン科学誌のプロスワン(PLoS One)誌において2015年6月3日に報告している。

20代から30代の学生を調べる

社会的な行動をどうとっていくか、意思決定をどうするか、衝突をいかに処理していくか、そうした複雑な思考のベースには道徳的な推理力がある。「道徳心理学」と呼ばれる学問分野があり、神経科学によって道徳的な思考についてもその背景にある脳の働きに迫ろうとする動きが活発になっている。今回、研究グループは、個人の道徳的な推理力の背景にどのような脳の構造の特徴があるかが検証した。研究グループは、脳の構造が成熟したと考えられる24歳から33歳までの経営学修士過程(MBA)の学生67人を対象として、道徳的な推理力を検証。脳の灰白質レベルも調べた。

「後慣習的水準」の人で充実

その結果、脳構造に関して、道徳的な推理力において成熟度の高い人は、脳の灰白質が多いと分かった。具体的には自らの道徳的な基準に従って行動できる成熟度の高いレベルの人(後慣習的水準)は、周りに合わせて道徳的な判断をする成熟度の低いレベルの人(前慣習的水準)と比べて、脳の前方の「前頭前野」の灰白質が増えていた。灰白質の量は「後慣習的水準」の思考と関連していたと説明する。脳構造の変化があるから、道徳的推理力が高まるのが、逆に道徳的推理力が高まると、脳構造が変化するのか、検証を進める必要があるという。脳科学が進歩して、思考力まで分かるようになるのかもしれない。

文献情報

High Levels of Moral Reasoning Correspond with Increased Gray Matter in Brain.

Individuals with a higher level of moral reasoning skills showed increased gray matter in the areas of the brain implicated in complex social behavior, decision making, and conflict processing as compared to subjects at a lower level of moral reasoning, according to new research from the Perelman School of Medicine and the Wharton School of the University of Pennsylvania in collaboration with a researcher from Charité Universitätsmediz in Berlin, Germany. 

今日の閲覧数ランキング10

[wpp range='dayly' order_by='views' limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

最近1週間の閲覧数ランキング20

[wpp range='weekly' order_by='views' limit=20 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

関連記事

  1. 計るだけダイエットって何?1日2回体重計に乗るだけで痩せると話題…

  2. 抗生物質が「がん幹細胞」の消滅を促す、新しい治療手段の可能性、英…

  3. ピロリ菌治療にプロバイオティクス意味ある?タイで「生菌」加えた結…

  4. 赤血球について知ろう!赤血球沈降速度ってどんな検査?数が少ないと…

  5. 背中のシミが気になる人は必見!紫外線やストレスに要注意!もしかし…

  6. 「意識高い系」って意識が高い人と何が違うの?イタがられる理由につ…

  7. ハンチントン病ってどんな病気?8つの症状と5つの診断・治療方法と…

  8. リップクリームのおすすめはコレ!お仕事中も使える&乾燥に…

  9. 「おまたカイロ」がすごすぎる!今日からできる簡単「子宮温活」のス…

  10. マンモグラフィーって痛くないの?検査方法や痛みを避ける方法

  11. [RSウイルスの症状・治療・検査]子供も大人も100%感染する感…

  12. クロレラの効能や摂取方法をご紹介☆プランクトンに隠された驚くべき…

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る