menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. この髪型飽きた。それならバッサリ切ってスカッと解決!可愛らしいカットに…
  2. そのサプライズはとっても甘い。息が止まるほど、外見も味も革新的なお菓子…
  3. トップスはウォーム感のある“ニット”で柔らですか可愛さを♡
  4. 仙台で大人気の厳選カフェでまったりと寛ぎの時間を♪
  5. これさえあれば恋が叶う!?片思いが成就する人気アイテム特集♡
  6. 上下でトレンドコーデの完成♡鎌田安里紗×ENVYMコラボ!!!
  7. 春到来!新たな出逢いで第一印象美人になる
  8. 上品&トレンド感!オリビア・パレルモに学ぶ柄on柄コーディネート9選
  9. スタイリッシュなコーデにおすすめ!KOEのワンピース
  10. 暖冬でも寒いものは寒い!オシャレに使いたい防寒ブーツ
閉じる

キュレーショナー

魚よく食べる人「うつ」の危険性が低く

魚をよく食べる人は食べる量の少ない人と比べて、うつの危険性が低くなるようだ。

過去の研究をまとめた

中国の青島大学の研究グループが疫学の国際誌であるジャーナル・オブ・エピデミオロジー・アンド・コミュニティー・ヘルス誌のオンライン版に2015年9月10日に報告した。魚を食べるとうつの危険性を変化させるか、研究グループは過去の研究データをまとめて分析した。対象としたのは、2015年3月までの全ての関連する研究。パブメド(PubMed)、エンベース(EMBASE)のほか国際的なデータベースに基づいて文献を抽出している。

うつの危険性は8割程度に

研究グループは26の研究を選び出し、合わせて15万278人分のデータをまとめた。魚を最も多く食べているグループと、最も少なく食べているグループを比べると、食べているグループではうつの危険性が0.83倍に低下すると分かった。研究の方法によらずおよそ8割〜9割に危険性は低下していた。男女でも共通していた。

文献情報

J Epidemiol Community Health. 2015 Sep 10. pii: jech-2015-206278. doi: 10.1136/jech-2015-206278. [Epub ahead of print] REVIEW

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. [11/18 Hot Topics]お手軽で飲みやすい!&quo…

  2. "足の裏 "に隠されたコワイ10の病気って?…

  3. [気管支炎の症状・治療法]子供や大人・年齢に別でチェックすべきポ…

  4. 眉の脱毛ってどうすればいいの?今や男性でも当たり前!?今すぐイメ…

  5. 妊娠31週目、赤ちゃんの大きさはパイナップルぐらい!低出生体重児…

  6. 低血糖症になりやすい体質ってどんな人?食事でどんなことに気をつけ…

  7. 慢性呼吸不全ってどんな病気?原因となる3つの病気と治療法について…

  8. SOD酵素は活性酸素を除去する、今話題の酵素!人気サプリ3選を紹…

  9. 赤血球について知ろう!赤血球沈降速度ってどんな検査?数が少ないと…

  10. 多発性硬化症の人では寿命が短い傾向、一緒に存在する症状の改善が大…

  11. モラハラ夫の見分け方って?その”10の特徴”と”10の脱出方法”…

  12. 味噌の塩分は1日にどのくらい摂って良いの?高血圧や腎臓病の人の目…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る