menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 頑張り屋さんのあんさんへ贈る。頑張りすぎない「ゆったり」休日コーデ
  2. 少女をレディーに変えるカラー。元とれ服代表"赤トップス&qu…
  3. あっと驚く!世界にはこないなトコロがあった♡話題の世界遺産
  4. 甘く、とろける眼差し。3つの味のチョコレートアイメイクHow to
  5. ‟前髪なし”でも小顔が作れ違う!!前髪なしのロングスタイル7選♪
  6. 甘め重視のガーリーさんには、"うさ耳"ネイルが可愛…
  7. 2015年トレンドアイテム満載♡冬コーディネート
  8. オシャレで居心地も最高♪心斎橋でオススメのバー10選
  9. 春はピンク?良いえ、ネイルは断然ビタミンカラーが良いの。
  10. 〝大人〟を迎えるワタシに。素敵なレディになるための’ちょっと 背伸び’…
閉じる

キュレーショナー

魚よく食べる人「うつ」の危険性が低く

魚をよく食べる人は食べる量の少ない人と比べて、うつの危険性が低くなるようだ。

過去の研究をまとめた

中国の青島大学の研究グループが疫学の国際誌であるジャーナル・オブ・エピデミオロジー・アンド・コミュニティー・ヘルス誌のオンライン版に2015年9月10日に報告した。魚を食べるとうつの危険性を変化させるか、研究グループは過去の研究データをまとめて分析した。対象としたのは、2015年3月までの全ての関連する研究。パブメド(PubMed)、エンベース(EMBASE)のほか国際的なデータベースに基づいて文献を抽出している。

うつの危険性は8割程度に

研究グループは26の研究を選び出し、合わせて15万278人分のデータをまとめた。魚を最も多く食べているグループと、最も少なく食べているグループを比べると、食べているグループではうつの危険性が0.83倍に低下すると分かった。研究の方法によらずおよそ8割〜9割に危険性は低下していた。男女でも共通していた。

文献情報

J Epidemiol Community Health. 2015 Sep 10. pii: jech-2015-206278. doi: 10.1136/jech-2015-206278. [Epub ahead of print] REVIEW

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 生理周期が短いのは不妊症?更年期?「頻発月経」の原因や治療法まと…

  2. 完璧な人を作る技術「クリスパー・キャス」?中国研究のリークで国際…

  3. 「彼女から連絡がない…。」悩む男性必見!彼女が連絡をしない8つの…

  4. 魚肉ソーセージは魚の栄養がそのまま?手軽に魚を食べるよりもコレ

  5. チークの色、肌に合ってる?4パターンの肌色別の選び方や人気のブラ…

  6. 子どもが精神の薬を飲むと糖尿病になりやすい、130万人分のデータ…

  7. 【ごはん カロリー】ダイエット中にごはんはNG?どうしても食べた…

  8. ダイエットは食生活でキマる?誰でも実践できる8つの秘訣を教えます…

  9. 【口内炎の食事】痛いのはイヤ!しみない口内炎に効くレシピ7選

  10. 独身女は寂しい?!今すぐチェック!急増している独身女の特徴8つと…

  11. 脳ヘルニアは進行すれば直ちに「死」?恐怖の各症状と予防について

  12. 認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る