menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 和の教養ある日本の女性として。「風呂敷ギフト」で才色兼備なおもてなしを…
  2. "目立ちすぎないおしゃれ"で全方位モテ。透け感がか…
  3. 持っているだけで可愛い♡種類豊富なトートバッグでおしゃれを楽しもう
  4. 神奈川vs千葉vs埼玉、東京近郊でよく当たる、霊視&占い師の特選20人…
  5. 手持ちの服でつくる!インパクト大のロック系ファッションコーデ♪
  6. 定番はウチらしくないの。甘くかわいい ガーリー派さんのためのハロウィン…
  7. チョコレートを渡す’手’の準備できてる?バレンタイン目前、勝負ハンドケ…
  8. とにかく辛いのが好きなあんさんに♡“アラビアータ”の美味しいレシピ
  9. きれいな髪をさらにかわいく見せ違う
  10. 「彼氏がいれば幸せ」は幻想?こじらせカップルの実態と解決法について
閉じる

キュレーショナー

魚よく食べる人「うつ」の危険性が低く

魚をよく食べる人は食べる量の少ない人と比べて、うつの危険性が低くなるようだ。

過去の研究をまとめた

中国の青島大学の研究グループが疫学の国際誌であるジャーナル・オブ・エピデミオロジー・アンド・コミュニティー・ヘルス誌のオンライン版に2015年9月10日に報告した。魚を食べるとうつの危険性を変化させるか、研究グループは過去の研究データをまとめて分析した。対象としたのは、2015年3月までの全ての関連する研究。パブメド(PubMed)、エンベース(EMBASE)のほか国際的なデータベースに基づいて文献を抽出している。

うつの危険性は8割程度に

研究グループは26の研究を選び出し、合わせて15万278人分のデータをまとめた。魚を最も多く食べているグループと、最も少なく食べているグループを比べると、食べているグループではうつの危険性が0.83倍に低下すると分かった。研究の方法によらずおよそ8割〜9割に危険性は低下していた。男女でも共通していた。

文献情報

J Epidemiol Community Health. 2015 Sep 10. pii: jech-2015-206278. doi: 10.1136/jech-2015-206278. [Epub ahead of print] REVIEW

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 正しい「プチ断食」で無理なく痩せる8つの秘訣

  2. 驚くべきびわの葉の効能!昔ながらの自然療法で身体の不調を改善♪

  3. 人が怖い…対人恐怖症を克服するために大切な5つの約束

  4. 見えているのに分からない、再生医療で視力を回復しても見たものを理…

  5. 虚無感とは?どんな時に感じるの?感じやすい6つの時と感じてしまう…

  6. 太った!と感じたら自己を見つめ直そう!ストレス太りは特に注意!?…

  7. 【美の秘訣 vol.5】なりたい自分を諦めない!理想の美人に近づ…

  8. 【胸が痛い時の12個の原因】息を吸うと胸が痛い!胸の真ん中が痛い…

  9. てんかんには7つの症状があった!種類や原因は何?応急処置や治療法…

  10. [11/16 Hot Topics]漢方屋さんが作った4種類の健…

  11. 電子たばこ「国が規制を進めよ」米国がん関連の2大医学会が共同声明…

  12. 【夢占い】キスする夢は凶!?いえいえご心配なく、夢占いの読み方教…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る