menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 目標は、大和凛子さん。胃袋を掴んで好きだー!『俺物語』ヒロインに学ぶ愛…
  2. クールなデザインが◎スタバ史上初のトリプルコラボ''…
  3. 痩せたいけどお腹いっぱい食べたい〜!夢のワガママヘルシー丼レシピ15選…
  4. ダウンジャケットが主役のおしゃれコーデ♡
  5. 夏の準備は今からすべし。〔エテュセ〕から悩める夏肌お助けアイテムが登場…
  6. ノート片手に、何処へ行こうか。トラベラーズノートで紡ぐオノレ世界への旅…
  7. 甘い、しょっぱいの無限ループ【あんこあられ】が美味すぎる!
  8. ガウチョパンツの次はコレ!春注目のバミューダパンツにLOCK ON♡
  9. 夏には涼しげなリゾート風ファッションが絶対おすすめ!
  10. 女の子は欲張りなの♡色んな味が楽しめるトッピング豊富なカフェ4店
閉じる

キュレーショナー

パーキンソン病は「認知症」に注意を、20年以内に80%で起こる

パーキンソンン病には、認知症も伴うので注意が必要になるようだ。どのように治療できるか研究が進められており、関心も集まる。

4つの症状に加えて

オーストラリア、アデレード大学医学部のリンゼイ・コリンズ・プレイノ氏らの研究グループが、9月1日から始まるパーキンソン病啓蒙週間を受けて報告している。研究グループによると、パーキンソン病では一般的には体の動きについて4つの症状が出てくると知られている。手足のふるえ、動きの衰え、姿勢の不安定、筋肉のこわばり。さらに、認知機能障害も見られる。軽い場合もあれば、認知症に至る場合もある。パーキンソン病と診断を受けてから20年以内に、80%以上が認知症を発症するという。

脳の炎症の関連は?

「炎症」が認知症を進める鍵を握る存在一つであるようだ。一般的に炎症が起こると、体にはダメージが及ぶと分かっている。一方で、今回の研究グループは、炎症の反応の一部が脳をダメージから守る可能性もあると見ている。炎症の程度を見ながら、パーキンソン病の人の認知機能にどんな影響が及ぶかを見ている。パーキンソン病と向き合う人は認知症を防ぐための対策に着目するとよいのかもしれない。

文献情報

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 話題のレモン水ダイエットって?レモン水の作り方と8つのダイエット…

  2. 相手の気持ちがわからない人に困っていませんか?対処法や相手との距…

  3. 【コメダ珈琲】シロノワールからコーヒーまで|人気の喫茶店の魅力た…

  4. 嘘をつく人の特徴と、嘘をつかれたときの対応・対処法。もしかすると…

  5. どうでもいい…とやる気が出ない?人生を明るくするための6つの方法…

  6. ”人と関わらない仕事”がしたい人必見!対人ストレスの少ない職業1…

  7. ふくらはぎのパンパンを何とかしたい!足の筋肉太り?4つの原因とは…

  8. 魚よく食べる人「うつ」の危険性が低く

  9. 【妊娠検査薬の完全ガイド】いつから陰性から陽性に?検査薬を使うタ…

  10. 2週間で大腸がんになりやすい体に?!食事の変更でまたたく間に腸内…

  11. デトックスはダイエット効果もある!欧米で人気の腸内洗浄って?解毒…

  12. 【着床とは?受精から着床までのメカニズム】知っておきたい妊娠成立…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る