menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 幸せな恋してる人は絶対やりません。恋を遠ざけている6つの行動
  2. スウェットでゆるっとおしゃれに♡上下で上手く着こなそう!
  3. Piwis テスター2
  4. マスカラの消費期限っていつ?中身が見えへんから替え時がわかりませんそん…
  5. ちびっとでも細く見せたい。目からウロコの“着痩せテクニック”を武器にし…
  6. 現役美容師がこの冬にオススメする”異国人風カラー”人気ランキング
  7. 座って寝るときのため♡電車やオフィスでの"美しい寝方&quo…
  8. ただの知り合いから”特別な存在”に。気になる彼に一歩近づくための会話の…
  9. 秋、ブラウンで染まる街。あえてのダークグリーンでパッと目を引くおしゃれ…
  10. 〈FULRA〉ウチだけの特別バッグ♡METROPOLISで36通りの贅…
閉じる

キュレーショナー

「クリスパーで遺伝子治療」の可能性、MITから報告

「クリスパー・キャス(CRISPR/CAS)の倫理問題」の議論を紹介したが、一方でこの技術は体細胞の遺伝子改変を可能にする技術として大きな期待を集めている(完璧な人を作る技術「クリスパー・キャス」?中国研究のリークで国際問題へを参照)。すぐにでも人に使えるところまで来ていると示す研究がマサチューセッツ工科大学から発表された。タイトルは「黄色ブドウ球菌のCas9を用いた体細胞ゲノム編集(In vivo genome editing using Staphylococcus aureus Cas9.)」だ。

小さい遺伝子で対応

クリスパーの技術で人や動物の体の細胞の遺伝子を直接編集するためには、遺伝子を体細胞に導入する方法が必要だ。幸い、20年以上にわたる研究の結果、実用にこぎつけたさまざまな遺伝子治療ベクターが開発されている。例えば肝臓細胞に遺伝子を高率に誘導するために、「アデノ随伴ウイルス(AAV)」を遺伝子の運び役に用いる高効率の方法がある。ベクターと呼ばれる機能を果たす。クリスパーの場合、「Cas9」の遺伝子を入れる必要があるが、大きい遺伝子なので、AAVベクターでは対応できない。今回の研究では、検討の結果、同じCas9でも小さい遺伝子を黄色ブドウ球菌から応用できると発見した。この条件であれば、AAVベクターでも対応できる。書けば簡単だが大変な仕事だ。膨大な基礎実験を繰り返している。専門家にとっては、ここで用いられる方法は極めて重要だ。クリスパーを単に便利な道具として考えないためにもゆっくり読んでほしい。しっかり理解しないと新しい発想は生まれない。

人間の遺伝子も編集可能へ

全く新しいシステムについて、効率を確かめる意味で、動物実験で遺伝子の編集を確かめている。治療に利用できるか試す意味で、「PCSK9」という遺伝子の編集を行った。この遺伝子は欠けてしまうと、LDLが低下して、コレステロールも低下するため、冠動脈の病気を予防できると知られている。この遺伝子を編集したところ、驚くべきことに40%の染色体で遺伝子編集が起こり、血中に流れるPCSK9から生じる分子は90%減り、コレステロールが40%低下した。肝臓なら明日からでも人に応用できるところまで技術は進んでいると示している。問題を乗り越えながら、この技術は確実に臨床応用へ歩を進めている。

文献情報

Ran FA et al.In vivo genome editing using Staphylococcus aureus Cas9. Nature. 2015 Apr 1.[Epub ahead of print]

Nature. 2015 Apr 9;520(7546):186-91. doi: 10.1038/nature14299. Epub 2015 Apr 1. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov’t; Research Support, U.S. Gov’t, Non-P.H.S.

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. ビタミンCの多い食品を知りたい!吸収力を高めるコツとタイミング

  2. 『恋人つなぎ』って知ってる?その方法と異性の心理を知れば怖いもの…

  3. 【胸が痛い時の12個の原因】息を吸うと胸が痛い!胸の真ん中が痛い…

  4. 太った!と感じたら自己を見つめ直そう!ストレス太りは特に注意!?…

  5. 狭心症ってどんな病気?進行するとどうなるの?動悸や吐き気…気にな…

  6. 無視する人の心理4つが知りたい?!する人される人の特徴6つと付き…

  7. アンジー効果が異例の長続き、遺伝性乳がんの問い合わせ減らず

  8. エイジングケアで肌年齢を若返り?肌を老化させる原因と正しいケア方…

  9. 偏頭痛の原因って?対処法とは?これでツライ頭痛を乗り切ろう!

  10. パニック障害は実は心臓の病気かも?!心臓病の危険性は47%高く、…

  11. 低血糖症になりやすい体質ってどんな人?食事でどんなことに気をつけ…

  12. 綺麗になりたいなら、まずは自分を「ブス」だと思うのはNG!メイク…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る