menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 「ウチ、好きな人が出攻めて来よりました ♡」恋をしたら始めたい4つのオ…
  2. ひとクセ効いたカジュアルさがたまりません。A BATHING APEの…
  3. お呼ばれ結婚式は着物で参列したい♡似合う髪型はズバリ、これ。
  4. チップリングにファランジリング♡”ネイル×指輪”で隣りの子と差をつけて…
  5. ちょいダサが気分?春トレンドの"タッキー"を取り入…
  6. 定番やからずっと履ける♡1足は欲しいおすすめブーツ
  7. 大人にはオトナのスキンケアを*「ルルルン プレシャス」が登場
  8. 〈2月5日発売〉Diorの春コスメで目元を華やかに♡
  9. 「コーデ丸かぶり」事件を回避せよ!1アイテム変えて、お洒落にアップデー…
  10. 月齢別♡パスタを使った離乳食レシピ20選
閉じる

キュレーショナー

10代の向精神薬の乱用問題、米国でADHDなどの薬を思いのほか早く、女性で2倍

米国では10代の向精神薬の乱用が問題になっているようだ。注意欠如・多動症(ADHD)薬およびほかの精神の興奮を引き起こすような薬を想像以上に早く使い始めているという報告が出ている。米国ミシガン大学の研究グループが、薬剤依存の専門誌ドラッグ・アンド・アルコール・ディペンデンス誌2015年7月号で報告する。

24万人のデータを分析

研究グループによると、もともと米国では不正に手に入れたリタリンをはじめとした向精神薬の乱用は問題となっていたようだ。詰め込み勉強のために学生が医療目的もなく飲む場合があると説明する。研究グループは実態を検証している。薬物使用と健康について国の調査からのデータを解析。米国連邦薬物乱用衛生管理局が2004年から2012年の間に収集した24万人以上のデータ。年齢の分布は12歳から21歳の若者。

早期の防止教育が必要

16歳と19歳の間の10代で1%に満たない割合ではあるものの、本来は医療用に使われる薬を使い始めている場合があると分かった。薬は通常、注意欠如・多動症を治療するために使われるリタリン、処方せんで使われるダイエット薬、覚せい剤のメタンフェタミンを含む薬を使う場合が存在していた。乱用には男女差があり、女性では男性よりも2倍となっていた。研究グループは副作用の危険性を指摘、不法入手に依存し、幻覚、自殺、突然死を起こす可能性もあると警告する。使う前に予防するのが大切と強調する。日本でも精神に効果を示すような薬の乱用は問題となり得る。予防が大切なのは変わらないだろう。

文献情報

Teens start misusing ADHD drugs and other stimulants earlier than you might think, U-M study finds. U-M Health Systm 2015 June 02.

Despite stereotypes about college students resorting to black-market Ritalin to help them cram for exams, young people are actually most likely to start misusing prescription stimulant drugs in their high school years, according to new U-M research.

今日の閲覧数ランキング10

[wpp range='dayly' order_by='views' limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

最近1週間の閲覧数ランキング20

[wpp range='weekly' order_by='views' limit=20 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

関連記事

  1. 【喉の痛みの治し方8選】実は病気が原因?薬や食べ物など痛みを和ら…

  2. 抗生物質が「がん幹細胞」の消滅を促す、新しい治療手段の可能性、英…

  3. 1日せいぜい30円の下痢薬が糖尿病性腎症に有効か、透析の最大要因…

  4. 羊水検査を受ける前にこれだけは知っておきたい!高齢出産では?痛み…

  5. 計るだけダイエットって何?1日2回体重計に乗るだけで痩せると話題…

  6. 【ホルムアルデヒド】水道水や家具、マニキュアに発がん性物質が?シ…

  7. 一日の疲れが取れないと思ったら試して欲しい6つの事

  8. ミトコンドリア脳筋症は難病の一種!考えられる3大病とその他の病態…

  9. ヘルスケアへの投資で「米国は窮地に」、米国グループが報告

  10. 【性欲が強い】男性7つの特徴!年代別にみる減退の原因は?対処法と…

  11. 正しい「プチ断食」で無理なく痩せる8つの秘訣

  12. 【肋骨骨折】10の原因と症状とは?咳やくしゃみで肋骨が折れやすい…

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る