menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 有楽町から徒歩圏内のおすすめ5つ星ホテル☆
  2. 1週間で顔が変わる?!デカ目にも効果アリな1日3分の「顔ヨガ」で究極の…
  3. ここ行っときゃ間違いない♡東北の観光を100%楽しむスポット
  4. 出会いの季節。オノレの印象を左翼翼右翼翼するかもしれへん”色”を意識し…
  5. 「それ、どこの?」の声が聞きたいの。安くてかわいい アクセが揃うクレア…
  6. 2月3日発売!!CANMAKEの新作コスメで、あの小梅ちゃんと可愛くな…
  7. ズボラ女子におススメ。パーマで毎日の髪型が簡単に決まるんや
  8. 定番デートはもう飽きた、マイメロディと楽しむ Xmasの過ごし方
  9. 雑誌にも多数掲載♡アナタを華やかにするtoo muchのアクセサリー
  10. 大阪名物♡御堂筋イルミネーションのオススメスポット
閉じる

キュレーショナー

[夫婦連載18回]「夫婦喧嘩は犬も喰わない」なんて軽く流していい?!

ちょっとした喧嘩を大バトルに発展させると家庭生活が成り立たなくなるので、お互い折り合いをつけるのです。これが他者であれば「二度と会わない」ということで忘れ去ってゆく。しかし夫婦喧嘩はやっかいです。もともと愛し合っていて、お互いのことを好きだ、”一生”添い遂げると断言しています。お役所の書類にハンコを押して契約しているという法的事実もあります。夫婦喧嘩くらいで「もう会わない!セックスなんかするもんか!」と斬り捨てることは…ない、と考えたい。

女性が家を出られなかった時代

以前は専業主婦率が高く、喧嘩して妻が家を出ると経済的に困るという状況がありました。この連載でも書いていますが、現在はワーキング主婦が増え、喧嘩を100回、200回、365回しているうちに「こんなストレスがたまる相手と一緒に暮らせない」と不満を爆発させる妻がいてもおかしくない時代です。

2015年の人口動態統計調査で離婚件数が約21万件と発表されました。理由は性格の不一致、浮気、生活費を渡さない、暴力、モラハラなど。離婚に至るまでのプロセスを考えるに、最初はどちらかが不満をぶつけることから始まっています。つまり「夫婦喧嘩」の開始です。夫婦喧嘩も小から特大までのレベルがあるので、最初はささいなことが原因だったかもしれません。

きっかけは些細なこと

妻 「掃除の分担してるのに、さぼってるよね。リビングと廊下の掃除機かけるのはあなただよ」

夫 「やってるよ。汚れてたら。汚れてなかったからかけてないだけだ」

妻 「目に見えないほこりがあるんだから、掃除してよ。達也が喘息持ちなの知ってるでしょ」

夫「はいはい」

妻「聞いてるの?」

夫「はいはい」

妻「何それ。私のほうが家事の負担多いんだよ。買い物、食事作り、洗濯・・。6時に走って帰ってきてそれ全部やってんだよ」

夫「買い物はネット宅配しろって言ったじゃん。楽だし」

妻「全部、通販じゃ無理だよ。割高になるし。スーパーの閉店前セールとかすごく安いんだよ。家計のこと考えて言ってる?今、きついんだよ」

夫「まるで俺の稼ぎが少ないっていうような言い方だな」

というぐあいに、夫婦間の言い争いは、エスカレートすると、とてつもなく広範囲に広がり、今いったい何の喧嘩をしていたのかわからなくなる場合すらあります。浮気で責められていた夫が、そこは反省していたのに、過去の不満までチビチビほじくり出され、全人格を否定されたので離婚したという話も聞きました。

意味のある喧嘩、ない喧嘩

犬も喰わないようなかわいい喧嘩なら、何度でもやって、より愛情を深めればよいでしょう。夫婦喧嘩はガス抜きという意味で必要なことです。ただ、次年度の離婚調査の数字に自分たちが入ってしまうような重大案件に発展するような夫婦喧嘩は回避しなければならない。ということで、「するべき夫喧嘩」「夫婦喧嘩の作法」「やっちまった場合の解決策」を次回からお伝えします。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【腸内細菌・完全ガイド!】腸内細菌の種類と役割や増える食品!善玉…

  2. 【B型女性の20の特徴】相性のよい血液型や口説き方など徹底解剖!…

  3. 多発性硬化症の人では寿命が短い傾向、一緒に存在する症状の改善が大…

  4. 【メイクの仕方でこんなに可愛い!】初心者でも簡単にできる裏ワザを…

  5. 【ソルビトールを徹底解説】安全性が高いってホント?効果・作用や注…

  6. 【ひじきの栄養】便秘や生理痛にも?女性にお勧めの美容効果とは?

  7. 被害妄想は病気?原因と対処法を知ればこころが軽くなる

  8. 男からみた可愛い女性の10の特徴!コレさえ押さえれば確実に可愛い…

  9. 虫歯の原因菌を破壊、鉛筆しんの原料から作る「酸化グラフェン」

  10. テトラサイクリン系抗生物質について、作用機序・効果効能・用法用量…

  11. 嘘をつく人の特徴と、嘘をつかれたときの対応・対処法。もしかすると…

  12. 一目惚れする心理って一体何?!男女別のメカニズムを心と脳の関係か…

最新記事

ピックアップ記事

  1. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  2. 年上好き男子が増えている …
  3. 大学生恋愛をしてますか?! …
  4. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  5. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  6. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  7. 妊娠の兆候はいつから? …
  8. サヴァン症候群とは …
  9. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
  10. 魚油由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3多価不飽和脂肪酸、以下オメ…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  2. 年上好き男子が増えている …
  3. 大学生恋愛をしてますか?! …
  4. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  5. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  6. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  7. 妊娠の兆候はいつから? …
  8. サヴァン症候群とは …
  9. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
  10. 魚油由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3多価不飽和脂肪酸、以下オメ…
ページ上部へ戻る