menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 靴に忍び込ませるだけ。100均のインソールは足の健康や美脚を保つ魔法の…
  2. 春をもっともっともっともっとマンキツ♡ぴんく色にきゅんとする甘い桜スイ…
  3. 顔は保湿してるのに"指先"は?オトコは見てるぞ、爪…
  4. 今年の春は脱赤リップ!青みピンクにカラーチェンジしてトレンドガールにな…
  5. それはまるで芸術。‘エアブラシネイル’の独特の世界観に魅せられる
  6. 新幹線が通る街!豊橋で見つけたオシャレなカフェ
  7. 簡単なのににじみ出るセンス。「モデルkanocoさんのネイル」で指先か…
  8. テーパードorワイド♡定番ボトム『デニム』こそ形にこだわりたい!!
  9. 人気のフロントボタンスカート。みんなはどう着てるのか大検証♡
  10. 【レングス別】タッキースタイルと相性抜群♡ボサッと無造作ヘアスタイル2…
閉じる

キュレーショナー

マイコプラズマ肺炎のうつる確率と期間は?予防法も教えます

マイコプラズマ肺炎とは?

マイコプラズマ肺炎というのは、非定型肺炎とも言われていて、就学前の幼児や若い人がかかることが多い病気であると言われています。また、マイコプラズマ肺炎は、肺炎全体の約10-20%を占めていて、「うつる肺炎」と言われているようです。数年に一度、大きな流行を起こすことがあると言われています。

マイコプラズマ肺炎の症状は、咽頭痛、咳や発熱などの風邪症状から始まり、だんだん症状が重くなると言われています。熱が下がっても、咳が1か月近く続くことがあると言われています。

マイコプラズマ肺炎は、軽い症状で終わることもあるようですが、重症の肺炎に移行したり、髄膜炎や脳炎、心筋炎、ギラン・バレー症候群などの重い合併症を引き起こすこともあると言われています。

この記事では、マイコプラズマ肺炎の「うつる肺炎」という点に注目し、感染の仕組みや経路、対策についてご紹介していきます。

ネピア 鼻セレブマスク 小さめサイズ(5枚入)【ネピア(nepia)】[マスク 柄]

Rakuten ichiba

ネピア 鼻セレブマスク 小さめサイズ(5枚入)【ネピア(nepia)】[マスク 柄]

¥257 (2016/09/13 16:04時点)

マイコプラズマという病原微生物

肺炎を起こすマイコプラズマ(Mycoplasma pneumoniae )というのは、細菌の仲間であると言われています。しかし疫学的な観点から正確に言うと「マイコプラズマは、細菌でもウイルスでもなく、微生物である」ということができるようです。

マイコプラズマの大きさ・形は、125-250nm・球状もしくは繊維状と言われています。マイコプラズマは、光の波長より小さいために、光学顕微鏡では見ることができないという特徴があるようです。このことは、早期の診断が困難であることの理由の1つとなっているようです。

マイコプラズマに感染するのはどうして?

このセクションでは、気になるマイコプラズマの感染力や感染経路と感染が広がる環境について説明します。

マイコプラズマの感染力は弱いが、感染性は高い

マイコプラズマは、人や動物の細胞に付着して増殖する病原体であると言われています。つまり、マイコプラズマは、人から人に感染して上気道炎や気管支炎、肺炎やその他の病気を引き起こす可能性のある微生物である、ということができるようです。また、マイコプラズマには自己増殖ができるという特徴があるようです。

マイコプラズマという細菌自体は熱に弱く、石鹸でも除菌ができると言われています。ですから、「マイコプラズマの感染力は比較的弱い」と言われることが多いようです。しかし、人から人へと感染し、大流行を起こすことがあるという意味では、「感染性は高い」という見方もあるようです。

マイコプラズマは咳やくしゃみでうつる

マイコプラズマは、飛沫感染(咳やくしゃみによってうつる)や接触感染(細菌が付着した手すりや皮膚や粘膜に直接触れることでうつる)によって感染すると言われています。

マイコプラズマは、喉や気管から侵入し、増殖をしはじめるようです。増殖した細菌は、最終的に気管支や肺の奥まで入り込み、粘膜を破壊すると言われています。ですから、マイコプラズマによって、上気道炎や気管支炎、肺炎が起きる可能性があると言えるようです。

マイコプラズマに感染しやすいのは家族間

マイコプラズマは、感染者と濃厚に接触することで、うつると言われています。ですから親しい友人間や家族間での接触が、感染しやすい環境であると言えるかもしれません。
学校や職場などの比較的狭い空間での感染の可能性も考えられますが、感染が広がるリスクはそれほど高くないと言われています。

マイコプラズマ肺炎がうつる期間とは?

このセクションでは、マイコプラズマに感染してから発病するまでの潜伏期間と、潜伏期間に感染が広がる理由を説明しています。

マイコプラズマの潜伏期間は長くて約3週間

マイコプラズマの潜伏期間は、だいたい2-3週間だと言われています。潜伏期間というのは、病原体が体に侵入してから、発症するまでの期間のことです。ですから、潜伏期間には症状が無いので、病原体に感染したという意識はないと言えるでしょう。
また、マイコプラズマ肺炎を発症するのは、病原体に感染した人のうち、わずか3-10%であると言われています。 ですから、多くの人はマイコプラズマに対して不顕性感染(感染しても発病しないで終わる)の状態であると言えるでしょう。

マイコプラズマ肺炎は潜伏期間にも人にうつしてしまう!

マイコプラズマの二次感染(人にうつす)の可能性が最も高い期間は、発症の8日前~発症後2週間であると言われています。しかし厳密には、細菌の排出期間を6週間とする説もあるようです。ですから、マイコプラズマ肺炎は、潜伏期間を含め、長期間にわたり人に移す可能性がある病気であると言えるでしょう。
また、人にうつす期間が長いということは、マイコプラズマが流行する理由の一つとなっていると言われています。

マイコプラズマ肺炎を潜伏期間に見つけることは困難!

マイコプラズマ肺炎を早期に発見し、診断することは難しいと言われています。血液検査でIgMの上昇を調べる方法や、咽頭粘膜液のDNAを調べる方法などがありますが、どれも検出率が低いと言われているようです。ですから、潜伏期間にマイコプラズマ肺炎の感染を見分けることは難しいので、それが感染の拡大につながると言えるかもしれません。

感染後、マイコプラズマ肺炎が発症しやすい人とは?

ある研究によると5歳児の65%、成人の90%近くの人がすでにマイコプラズマに感染していると言われています。ですから、どの年齢層においても、マイコプラズマ肺炎を発症する可能性があるようです。しかし、マイコプラズマに感染後、肺炎が発症するかどうかは、個人差があると言われています。
このセクションでは、マイコプラズマに感染後、肺炎が発症する背景を説明します。

マイコプラズマ肺炎は学齢期の子供に多く発症する

マイコプラズマ肺炎の好発年齢は、6歳から12歳の子供であると言われています。また、ある調査によると、マイコプラズマ肺炎は7歳から8歳に一番多いそうです。

マイコプラズマ肺炎は乳幼児にも感染すると言われていますが、5歳以下の小児の場合は、肺炎として発症することは少なく、比較的軽い風邪症状で終わることが多いようです。

マイコプラズマ肺炎は若くて健康な人に発症する

一般的な見方では、肺炎にかかるのは子供や高齢者など免疫が弱っている人、と思いがちです。しかし、マイコプラズマ肺炎は、若くて健康な人が発症しやすく、また重症化しやすいと言われています。

健康な人がマイコプラズマ肺炎を発症しやすいことには、理由があります。マイコプラズマが体に侵入すると、異物を排除して体を守ろうとする免疫機能が働くと言われています。しかし、この免疫機能は、健康な人ほど「過剰に働く」ことがあると言われており、それによる強い炎症反応が、肺炎の症状を引き起こし、症状を重くすることがあると言われています。

喘息を持っている人は要注意!

マイコプラズマ肺炎では、炎症反応によって気管粘膜が損傷し、重い咳症状により呼吸困難を起こすことがあると言われています。ある調査では、マイコプラズマ肺炎の急性期に、40%近くの人が喘息様気管支炎の症状を経験していたということです。
ですから、喘息の既往のある方は、よりいっそう感染に注意が必要かもしれません。

マイコプラズマ肺炎の感染対策とは?

これまで見てきたように、マイコプラズマ肺炎は、誰でもうつる可能性があり、健康であっても発症する可能性のある病気と言われています。ですから感染対策をしっかりとして、マイコプラズマの侵入を防ぐことが、対策のポイントとなると言えるかもしれません。
このセクションでは、マイコプラズマの飛沫感染と接触感染に対する、メインとなる感染対策を具体的に紹介しています。

1.状況に応じてマスクを使用する

咳やくしゃみによるマイコプラズマ肺炎の感染を防ぐために、マスクの使用が有効であると言われています。特に、マイコプラズマ肺炎にかかった人が身近にいて、1メートル以内で接触することがやむを得ない場合には、お互いにマスクを使用することをすすめることができるかもしれません。

マスクの使用には、ふさわしい方法があると言われています。誤った方法でマスクを使用すれば、マイコプラズマ肺炎の感染を防止することができないようです。いかに、正しいマスクの使用方法の3つのポイントを列挙しています。

①マスクと顔の間にすき間を作らない。マスクをしていても、すき間から病原体が入りこんでしまう可能性があるようです。ですから、すき間がないように、マスクと顔の一部を密着させるといいかもしれません。

②マスクを触らない。マスクの表面には、細菌が付着していると言われています。頻繁に触ると、防いでいるはずの細菌が手について、そこから感染が広がることになるかもしれません。マスクの着脱は、耳にかけているゴムの部分をもって行うのが良いとされているようです。

③マスクの清潔を保つ。マスクの外側表面に、抗菌スプレーなどを使用し、細菌が付着するのを少なくすることができるようです。また、マスクは一日一枚を鉄則にして使い捨てるのが良いようです。

2.感染者との距離をとる

飛沫感染を防ぐうえで、感染者と物理的に距離を離れることが効果的であると言われています。マイコプラズマ肺炎は、入院のケースでは隔離することもあるようです。しかし家族内の感染では、人にうつす期間が過ぎるまで、寝室を分けるなどして、接触の機会を少なくすることができるかもしれません。

3.手洗いをしっかりとする

接触感染で一番多いのが、手についた細菌からの感染だと言われています。日常的に細菌が手に付着する可能性はたくさんあると言えるでしょう。例えば、ドアノブや、手すり、電車のつり革、椅子、水道の蛇口などなど、家庭や学校、職場などにおいて、他の人と共用するものは多いと言えます。

ある実験調査では、コーヒーカップの取っ手についたウイルスから、5割の人が感染したという報告寄せられています。ですから頻繁に手を洗うことは、感染から自分を守るうえで、非常に重要であると言えるかもしれません。

手洗いにおいて重要な点を集めて見ました。
①固形石鹸は、細菌が付着しやすいので、液体せっけんを使用する。
②指の間、爪の先、親指をしっかり洗う。
③時計や指輪を外して洗う
④洗い終わったら、ペーパ―タオルで拭く
⑤爪を短く切る

また、鼻や痰が付着した使用済みのティッシュペーパーは、きちんとごみ箱に捨ててから、もう一度手を洗うようにしましょう。

4.タオルを共用しない

家族の中にマイコプラズマにかかった人がいる場合、タオルの共有はしないほうが賢明であると言われています。手をしっかり洗って消毒しても、タオルに細菌が付いていれば、感染を防ぐことができ無いでしょう。これでは、手洗いの意味がありません。

使い捨ての ペーパタオルを使用することも、1つの方法かもしれません。いずれにしても、普段からタオルの共有を避けることで、感染のリスクは小さくなると言われています。

見出し「タオルの共用は感染の元!」より参照

5.アルコール消毒薬を使用する

マイコプラズマに対して、界面活性剤(いわゆる石鹸)や、速乾性消毒剤(いわゆる消毒用エタノール・イソプロパノール)が有効だと言われています。

また、手を洗いたくても、水がない場所や、水が冷たくてしっかり洗えない時に、携帯用のアルコールを含んだ消毒薬が役に立つと言われています。

ウィル・ステラVH 60ml【楽天24】[サラヤ 手指消毒剤 除菌 殺菌]

Rakuten ichiba

ウィル・ステラVH 60ml【楽天24】[サラヤ 手指消毒剤 除菌 殺菌]

¥711 (2016/09/09 14:40時点)

6.頻繁にうがいをする

口の中や喉についた細菌を洗い流すために、うがいをすることが有効であると言われています。水だけでも十分効果があると言われていますが、消毒薬を使用するとさらに殺菌効果が上がるかもしれません。感染のリスクが高い場合には、一日に、5-6回うがいをすることがすすめられています。

喉の粘膜には、ウイルスや細菌から粘膜を守るための「線毛」という毛が生えているようです。この「線毛」は、ウイルスや細菌を痰と一緒に排泄する助けをしてくれると言われています。また、過剰な殺菌は逆効果であると言われています。

うがいの方法には、主にガラガラうがいとブクブクうがいがあるようです。推奨されているうがいの方法は、ブクブクうがいの後にガラガラうがいを15秒間、2回に分けて行うのが良いとされているようです。

マイコプラズマ肺炎の感染に関する感想や体験談

maruさん(会社員・45~49歳・女性)

子どもが小学生の時、隣の席の子からもらってきてしまいました。最初は普通の風邪だと思ったのですが2週間以上しても変な咳をしていて、そのうち全身症状になりました。そこでやっと病院へ行きました。まずレントゲンを撮り、検査をしました。翌日結果を聞きにいくとマイコプラズマ肺炎とのこと。肺炎は怖いけどマイコプラズマはその中では薬も効くし予後は良いと聞いたので少し安心しました。後で分かったことですが、当時、子ども本人は咳で呼吸がしづらくて死ぬかと思っていたそうです。昼より就寝後が酷かったらしく、親とは別に寝ていたのでそんなに苦しい思いをしていたとは知りませんでした。

あくびさん(主婦・35~39歳・女性)

子供の友人の体験談です。7歳のお友達が突然の高熱が3日続き受診したところ風邪です、と言われ帰宅しました。翌日には弟も高熱が出たので病院を変えて再度受診したところマイコプラズマ肺炎、という診断でした。その日から1週間以上学校を休み、体重は減っていく、体力がなくなっていくととてもご家族が心配していました。最初の病院でマイコプラズマ肺炎とわかっていたらこんなに悪化することはなかったのではないかと思います。その間ご両親はうつらないようにしっかりと管理していたので無事でした。マイコプラズマ肺炎が流行りだすと、席をするだけで肺炎じゃないの?という目で見られるので電車に乗りにくいです。

かえるさん(パート・45~49歳・女性)

娘が2歳の夏にマイコプラズマ肺炎にかかりました。風邪を引いて、咳が長引いているだけだと思っていたら、即入院になってしまいました。まだ2歳で病院という環境になれるわけもなく、母親である私の姿が見えないとずっと泣きっぱなしで、父親、祖父母がいてもだめでした。病室にずっといることもできず、点滴につながれたまま、ロビーやプレイルームで遊んでいましたが、点滴をセンサーで管理していたので、電源がある場所にしかいけず、子供が動いて点滴のホースがねじれたりすると「ピーピー」と電子音が鳴ってしまうため、看護士さんが駆けつけてくれました。結局病室で寝付けず、入院中はずっとプレイルームで就寝していました。そんな大変な入院生活の中、仲良くしてくれたお兄ちゃんがいましたが、その子は風邪からくる肺炎で退院間近でしたが、娘と接近した為、マイコプラズマ肺炎が移ってしまい、入院が長引いてしまうという、悲しいことになってしまいました。

s.nさん(アルバイト・20~24歳・女性)

私は中学生のころに、野球部に所属していたのですが大会の一週間まえにマイコプラズマ肺炎にかかってしまいました。何とか大会に出たかった私は、病院に行かずに、大会当日までなんとか隠し通しました。そしたら、友達二人が咳をし始めて、病院に行ったところマイコプラズマ肺炎と診断されました。友達は試合に出ることが出来ませんでした。私が試合に出たいがために友達にすごい迷惑をかけてしまいました。咳が止まらなくなったり、息をするのが苦しくなった場合は、他の人に迷惑をかける前にすぐに病院に行くことをお勧めします。

Heppo Coさん(アルバイト・25~29歳・男性)

3年ほど前の話です。当時、某スーパーの社員だった私は、風邪やインフルエンザにかかっていても休むことの出来ない環境の中で働いておりました。最初の体の異変は、だるさと強烈なのどの痛みでした。その日の仕事が終わる頃には、はたから見ていても分かるほどの震え(寒気)があり、帰宅途中に病院へ。熱が40℃あり、最初インフルエンザを疑われましたが、検査の結果マイコプラズマとの診断でした。皆さんのコメントの通り、マイコプラズマ肺炎はくインフルエンザと同じ位感染力が高いため、学校や企業では出席・出勤禁止の所が多いかと思わますが、当時勤めていたスーパーは慢性的な人手不足のために、次の日も休むなという判断が下されました。診断してくださった病院の先生は「食品を扱う仕事なのに・・・」と絶句していたことを覚えています。翌日はマスク着用のもと、解熱剤(痛み止め)、抗生物質などを服用しながら仕事をしましたが、私の発症が分かった2日後あたりから、同僚も体の不調を訴え病院へ行ったところマイコプラズマ肺炎との診断。咳が尋常ではないほど出て熱によるだるさの中、皆で死ぬ思いで働いた記憶があります。その時は、労災認定が下りなかったばかりか、おそらくお客さんにもうつっていなのではないかと考えます。抗生物質も人によって効くものと効かないものがあり、完治に3か月かかりました。皆さんも、マイコプラズマ肺炎と診断された際は、自分の命と周りの方への二次感染を防ぐためにも、出来る限り休んでください。

まとめ

いかがでしたでしょうか。マイコプラズマ肺炎は人から人にうつる病気です。知らないうちにうつしたりうつされたりしているかもしれません。早期に感染経路を断つために、普段から手洗いやうがい、マスクの使用を心掛けていきましょう。そうした衛生習慣が、わたしたちや家族を病原体の感染から守ることになります。

ネピア 鼻セレブマスク 小さめサイズ(5枚入)【ネピア(nepia)】[マスク 柄]

Rakuten ichiba

ネピア 鼻セレブマスク 小さめサイズ(5枚入)【ネピア(nepia)】[マスク 柄]

¥257 (2016/09/13 16:04時点)

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. チークの色、肌に合ってる?4パターンの肌色別の選び方や人気のブラ…

  2. 【お知らせ】2016年2月1日をもって、Medエッジからwelq…

  3. 魚のカロリーは低い?ダイエットの参考に!魚のカロリーをズラリ比較…

  4. [夫婦連載18回]「夫婦喧嘩は犬も喰わない」なんて軽く流していい…

  5. "痩せる生活"って一体?誰でも変われる!カン…

  6. クロモリロードバイクの特徴は?オーダーでも中古でも!取扱いメーカ…

  7. 腱鞘炎になる人が急増中?!悪化させると手術が必要!7つの症状や病…

  8. 認知症の謎に?!脳は学習するたびにDNAをいちいち破壊していると…

  9. 童貞の特徴14選|どこよりも詳しく徹底解説!仕事上で不利?メリッ…

  10. 山ガール入門!初心者のための登山準備から人気ブランドのおしゃれフ…

  11. [ほっこり子育て漫画 vol.13]食べたいのに食べられない2

  12. [気管支炎の症状・治療法]子供や大人・年齢に別でチェックすべきポ…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る