menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 1月1日発売!LUSHの福袋で2016年も美容を心がけよう♡
  2. 〈人気レシピ限定〉"美味しい!"が聞きたいの。バレ…
  3. 旨みたっぷり贅沢鯛料理のとっても美味しい簡単レシピ
  4. パーティや結婚式で着けたいフォーマルなアクセサリーまとめ
  5. ♥最新号♥ │おんなのこに大人気のネイル&メイクがタダ0円 "…
  6. 乙女の夢が詰まったパリジェンヌのクローゼット「Fifi Chachni…
  7. 岡山県民も通うご当地グルメな美味しいお店10選!
  8. お弁当にも、パーティーにも!色々万能なスコッチエッグの魅力♡
  9. お自慢服が手に入る。まるでFASHIONISTAになれ違う”Ameri…
  10. 可愛くなったね♡が聞きたいの。ばっさりいきたいミディアムヘアカタログ
閉じる

キュレーショナー

自閉症を悪化させている遺伝子を発見、米国エール大学

脳の発達段階で働く「FOXG1」という遺伝子が、自閉症の程度に関わっていると分かった。

どうやって研究を先に進めるか

米国エール大学の研究グループが、分子細胞生物学分野の有力誌セル誌で2015年7月16日に報告した。自閉症は、人によって症状が少しずつ違うが、症状の違いにはっきりと境界がある訳ではない。その様子を虹に例えて、専門的には「自閉症スペクトラム障害」と呼ばれる。虹の色は微妙に変わっていくが、基本的に連続している。例えば、赤から紫にはぼんやりとちょっとずつ変わっていく。そんなイメージだ。自閉症は、脳の発達障害だと言われているが、明確な原因はまだ解明されていない。最近の研究で、自閉症では胎児期の大脳皮質の発達に関連した遺伝子に異常があると示された。脳の発達を再現するのは難しい。そのため、この研究はなかなか先に進めなかった。

iPS細胞から脳オルガノイド

今回研究グループは、自閉症の4人の皮膚の細胞からiPS細胞(人工多能性幹細胞)を作った。京都大学の山中伸弥氏の2012年ノーベル医学生理学賞受賞で話題となったiPS細胞は、体の細胞を操作して、いろいろな組織や臓器になれるように作った細胞。「万能細胞」とも呼ばれている。今回は、自閉症の4人のiPS細胞を脳細胞に変化させ、脳の立体的なミニチュア組織を作った。こういった、特定の器官の細胞を三次元的に培養して作らせた立体組織を「オルガノイド」と呼ぶ(「膵臓がんに急展開か、膵臓細胞から作られた「オルガノイド」とはいったい何か?」を参照)。

正常オルガノイドと比較

作った脳のオルガノイドを用いて、自閉症の4人の大脳皮質が発達する初期段階を再現した。そこで働く遺伝子や発達する細胞のタイプを解析した。自閉症ではない家族(主に父親)でもiPS細胞から脳のオルガノイドを作り、自閉症の子どもたちとの違いを比較した。こうして、大脳皮質の初期発達段階で自閉症特有に起きている遺伝子の変化などをシミュレーションした。重い自閉症スペクトラム障害の子どもでは、頭が大きめになること(「大頭症」と呼ばれる)が多い。今回対象となった4人も大頭症で重度の自閉症だった。

「FOXG1」が10倍

比較解析の結果、自閉症の脳細胞は、正常の脳細胞に比べて分裂速度が速かった。また、神経の興奮を抑える抑制性の神経細胞(ニューロン)とそこから延びて神経細胞同士をつなぐ「シナプス」が、より多く作られていた。さらに、自閉症では、「FOXG1」という遺伝子の働きが、正常に比べて10倍増加すると判明した。FOXG1は、胎児の脳で初期の神経の成長と発達に重要な役割を果たす遺伝子だ。自閉症の脳オルガノイドで働き過ぎているFOXG1遺伝子を抑えると、抑制性ニューロンが作られ過ぎるのも予防できた。

悪化に関連、診断や治療に応用も

より詳細に調べたところ、FOXG1遺伝子の働きが強いほど、大頭症と自閉症の程度も悪化していると分かった。FOXG1遺伝子と自閉症の病状に関連性が見出せた。FOXG1遺伝子は、重い自閉症を発見する目印(バイオマーカー)としたり、新しい治療薬の標的にしたりできる可能性があると研究グループは見ている。

文献情報

Making ‘miniature brains’ from skin cells to better understand autismhttp://news.yale.edu/2015/07/20/making-miniature-brains-skin-cells-better-understand-autism

Mariani J et al. FOXG1-Dependent Dysregulation of GABA/Glutamate Neuron Differentiation in Autism Spectrum Disorders. Cell. 2015 Jul;162:375-90.http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26186191

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【仕事辞めたい人へ】転職経験者が教える!辞める前に考えるべき10…

  2. ツブツブが怖い「集合体恐怖症」とは?恐怖の理由と克服方法をチェッ…

  3. 【ディープキス完全ガイド】女の子を絶対に気持ちよくさせる超絶テク…

  4. 視床出血ってどんな病気?手術やリハビリをおこなうことがあるの?脱…

  5. 計るだけダイエットって何?1日2回体重計に乗るだけで痩せると話題…

  6. 太股の筋肉に”下半身やせ”の秘密があった!上手に使って代謝アップ…

  7. [梅毒の症状を徹底解説]男女別・年数別に見る梅毒!最悪の場合、重…

  8. 【多血症の症状・原因】赤血球数が多くなる怖い病気…正…

  9. iPSに勝るか、ほぼ無限に培養できる「胆管幹細胞」、再生医学に重…

  10. 足がつるのはなぜ?冷えや運動不足、食生活は関係あるの?もしかして…

  11. 笑顔が大切、人はネガティブな感情を見せる人には親近感を抱かない

  12. 脂漏性湿疹になった赤ちゃんの正しいケアは?普段の清潔と保湿を忘れ…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る