menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 髪に元気がなくなってきてはわないか?元気な髪を作るまるっきし違ったスカ…
  2. 〈2016S/S〉シンプルの一歩先へ。Mila Owenが魅せる大人の…
  3. ハイクオリティすぎない!? セルフネイル派さんがハマる"de…
  4. 大人女子計画成功率200%!マーブルネイルがイケてるってウワサ♡
  5. 〈衝撃〉みんなだーいすきなアレやコレ、こないなにお砂糖が入っとったなん…
  6. チェックパンツコーデを極めれば秋冬コーデも完璧!
  7. 毎年争奪戦の人気ブランド福袋を予習して2016に備えよう!
  8. みんな大好き!さっぱりポン酢のレシピまとめ♪
  9. 大人レディなベージュスカートコーデまとめ集♡
  10. ワンランク上の大人コーデ。RESEXXYで女度アップしましょ♡
閉じる

キュレーショナー

光で脳を操る新手法、米国スタンフォード大学が報告

光でうつ病を治療したり、記憶を呼び起こしたりといった技法が注目されている。光を使って特定の脳細胞を刺激することを可能にした光遺伝学。このたび、光ファイバーを使わずにネズミの頭部に埋め込んで光を送る小さな装置と、それを発光させるエネルギーをワイヤレスで送ることが可能な装置のセットが開発された。脳、脊髄、末梢神経での神経制御に成功している。

光ファイバーが邪魔に

米国スタンフォード大学の研究グループが、有力科学誌ネイチャーの姉妹誌で生命科学分野における新たな研究・実験方法などに焦点を当てる専門誌ネイチャー・メソッズ誌のオンライン版で2015年8月17日に報告した。光遺伝学は、光に反応するタンパク質を遺伝的に作れるようにして、脳や神経の働きをコントロールする技術(Medエッジ「体重の8%もの水を飲ませる遺伝子、「喉の渇き」を解明する光遺伝学」を参照)。通常はネズミの頭部に光ファイバーケーブルを接続して光を送る。ネズミの動きが制限されたり、閉じた空間での観察ができない、光遺伝学は、パーキンソン病の震えの緩和や脳卒中の研究に役立つ可能性があるほか、うつ病や不安などの軽減にも役立てられる可能性がある。ケーブルを接続していては邪魔になる。

高周波エネルギーを利用

研究グループには、まずワイヤレスで動く埋め込み型の極小装置を開発した(最も小さいもので20mg、10立方mm)。さらに、動き回るネズミに、効率よく極小装置にエネルギーを送る方法も開発した。高周波でエネルギーを送る方法になっている。日本に来て装置を作っていると説明している。装置は直径16cmほどの円筒になっており、ネズミの足が触れると中のエネルギーを受けれるようになっている。このセットを使うと、筋肉や内臓にも信号を送れる可能があるという。光遺伝学の技術進化で、神経に限らず体の機能をコントロールできるようになるかもしれない。

文献情報

A blue glowing device the size of a peppercorn can activate neurons of the brain, spinal cord or limbs in mice and is powered wirelessly using the mouse’s own body to transfer energy. Developed by a Stanford Bio-X team, the device is the first to deliver optogenetic nerve stimulation in a fully implantable format.

Nat Methods. 2015 Oct;12(10):969-74. doi: 10.1038/nmeth.3536. Epub 2015 Aug 17. Research Support, N.I.H., Extramural; Research Support, Non-U.S. Gov’t; Research Support, U.S. Gov’t, Non-P.H.S.

Mice, it turns out, are dielectric. The authors use this property to couple intrinsic resonant modes of a mouse’s body to a wireless transmitter, and so power an implanted miniature electronic device with improved efficiency. This approach will enable behavioral and neuroscience experiments without wires, harnesses or tethers.

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 話題のスープダイエット!そのレシピとアレンジいろいろ!

  2. サナダムシとは?脳を食べて人を殺す?腸に飼ってダイエットって本当…

  3. 【多血症の症状・原因】赤血球数が多くなる怖い病気…正…

  4. [ほっこり子育て漫画 vol.15]最近流行っている遊び

  5. 大人に多い胸のニキビ!その原因と治療法。間違われやすい病気など

  6. 【クラミジアの検査・原因・薬物治療】性行為による感染多数!若者に…

  7. 薄毛に効くサプリメントはコレ!薄毛の原因とオススメサプリを紹介!…

  8. 骨の働きって知ってる?その重要な役割とは?骨粗鬆症と骨折の応急処…

  9. 片足スクワットの効果とは?両足スクワットとの違いと効果的な方法や…

  10. ニコチン依存症ってなに?本当にカラダに悪いの?母乳にも出る!?5…

  11. バランスボールダイエットで簡単エクササイズ!骨盤のゆがみを直して…

  12. 喉が痛い時に効く薬6選!薬が手元にない時は?6つの対処法もご紹介…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る