menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. かわいすぎて食べるのがもったいない!キャラ弁おにぎりの簡単レシピ
  2. イタリア旅行で絶対に行きたいオススメ観光スポット8〜ローマ編〜
  3. ポイントは主張しすぎない華やかさ。上品なお嬢さん風ファッション
  4. アチラセレブがお手本!グレーの濃淡で作る"グロウフィット&q…
  5. 渋谷のイルミネーションならショッピングやディナーの帰りに♡
  6. おすすめの札幌イタリアン!やっぱり安くておいしいのが好き♡
  7. ムートンコートを使った冬のおすすめレディースコーデ♡
  8. アイデアの宝庫。「宣伝会議賞」のコピーで触れる言葉の力に、落ちたんや。…
  9. ダッチオーブンde簡単美味しいレシピ♡
  10. 今年のクリスマスはカフェのクリスマス限定メニュ・ケーキで決まり!リッチ…
閉じる

キュレーショナー

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

この4月末、ある治療の臨床試験の開始が米国食品医薬品局(FDA)から認可された。2011年に日本人を中心とした研究グループが開発した、新しいがんの治療法「光免疫療法」である。開発を報告した当時の論文を振り返ってみよう。

副作用を減らしたい

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員を務める日本人研究者、小林久隆氏らの研究グループが、医学分野の有力誌ネイチャー・メディシン誌で2011年11月6日に報告した。現在のがん治療では「手術」「放射線療法」「化学療法」の3つの方法が主流になっている。これらの治療にはどうしても副作用が付いてくる。副作用を最小限にするため、がん細胞に特有の部分を狙ってがんだけを殺すように設計された「分子標的薬」が開発されてきたが、その数はまだ少ない。研究グループは、新しいタイプの分子標的がん治療法となる「光免疫療法(PIT)」を開発した。

がんにくっついて熱で殺す

この治療は、文字通り「近赤外線」という光を使ってがんを破壊するものだ。ポイントとなるのは、一つには、がん特有の部分にくっつく「抗体」というタンパク質。さらに、その抗体とセットになってつながる「IR700」と呼ばれる色素。「フタロシアニン」とも呼ばれている。IR700は波長700nmの近赤外線を受けると化学変化を起こす。光エネルギーを吸収して発熱。がんにダメージを与えることができる。研究グループは、がんの増殖アクセルである「上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)」にくっつく抗体とIR700を結合させた薬を作り、抗がん効果を検証した。

がん細胞が即座に死滅

まず、シャーレの中で人間のがん細胞「A431細胞」を殺せるかどうか調べた。A431細胞は実験用に培養したもので、その表面にはEGFRが出ている。作った薬をA431細胞の培養液に加え、近赤外光を当てると、ただちに細胞は死んだ。

体内でもがんが縮小

次に、新しい薬の効果を動物実験でも検証している。まずA431細胞をネズミに移植。このネズミは人の細胞に拒絶反応を起こさない特別なネズミで、がんが体内で増えてくる。がんのできた状態で、薬を使い、近赤外光を当てたところ、がんを縮小させることができた。薬はがん細胞の内側よりも、がんの表面に効果を示していた。タンパク質をターゲットにしているところで効果が高まると見られた。

がん「だけ」を殺せる!

さらに、この薬はがん細胞にくっつかない限り、体に害を与えないと確認している。がん細胞にくっついて初めて、近赤外線を当てるとそのくっついたがん細胞を殺す。副作用軽減につながる重要なポイントと研究グループは説明している。臨床試験では頭頸部がんの10人ほどを対象として、近赤外線を当てずに安全性を確認する見通し。その後、20人前後で近赤外線を当てて治療効果を検証する予定という。がんの治療では従来ないアプローチも注目されそうだ。

文献情報

Mitsunaga M et al. Cancer cell-selective in vivo near infrared photoimmunotherapy targeting specific membrane molecules. Nat Med. 2011;17:1685-91.

Nat Med. 2011 Nov 6;17(12):1685-91. doi: 10.1038/nm.2554. Research Support, N.I.H., Intramural

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 吉野家アレルギーって何?アナフィラキシーショックが起こる?呼吸困…

  2. パーキンソン病は「認知症」に注意を、20年以内に80%で起こる

  3. 腱鞘炎になる人が急増中?!悪化させると手術が必要!7つの症状や病…

  4. 「彼女から連絡がない…。」悩む男性必見!彼女が連絡をしない8つの…

  5. 【クラミジアの検査・原因・薬物治療】性行為による感染多数!若者に…

  6. ひまわりの種は結構すごい!?メジャーリーガーが試合中に愛用する理…

  7. 「クリスパーで遺伝子治療」の可能性、MITから報告

  8. [大塚製薬×WELQ 第3回]大豆イソフラボンの効果には個人差が…

  9. 心理テストで本心を暴け♪自分の性格と恋愛傾向がわかる5つのテスト…

  10. アンジー効果が異例の長続き、遺伝性乳がんの問い合わせ減らず

  11. 微レ存とはどんな意味?元ネタや意外な事実って?!使い方を間違える…

  12. 肺動脈弁狭窄症は先天性の心臓の病気!気になる5つの検査法など詳し…

最新記事

ピックアップ記事

  1. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  2. 年上好き男子が増えている …
  3. 大学生恋愛をしてますか?! …
  4. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  5. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  6. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  7. 妊娠の兆候はいつから? …
  8. サヴァン症候群とは …
  9. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
  10. 魚油由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3多価不飽和脂肪酸、以下オメ…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  2. 年上好き男子が増えている …
  3. 大学生恋愛をしてますか?! …
  4. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  5. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  6. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  7. 妊娠の兆候はいつから? …
  8. サヴァン症候群とは …
  9. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
  10. 魚油由来のオメガ3多価不飽和脂肪酸(n-3多価不飽和脂肪酸、以下オメ…
ページ上部へ戻る