menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. モノトーンのスニーカーでシンプル可愛いレディースコーデ
  2. 大人っぽいコーデに♡アースカラのおすすめプルオーバー
  3. みんなが憧れる野崎萌香の透明つるん肌の秘密は◯◯やりました ♡
  4. 前髪はかきあげて!オシャレなヘアが簡単につくれる♪
  5. 【ブランド別】◯◯と言えば?有名コスメブランドが特に力を入れているアイ…
  6. 冬の必須アイテムマフラーと相性バッチリ♡おすすめショート特集♪( ´▽…
  7. MERY SNAP おしゃれすぎるフリーモデル・長澤メイの異国人風EY…
  8. "シックリ来ない"を解決!髪型を120%の完成度に…
  9. 【台湾】台湾のバイク文化
  10. モテるのも仕事ができるのも黒子次第?ほくろからわかる性格と特徴をチェッ…
閉じる

キュレーショナー

日本人が開発した新しいがん治療法「光免疫療法」、米国で臨床試験を開始

この4月末、ある治療の臨床試験の開始が米国食品医薬品局(FDA)から認可された。2011年に日本人を中心とした研究グループが開発した、新しいがんの治療法「光免疫療法」である。開発を報告した当時の論文を振り返ってみよう。

副作用を減らしたい

米国国立がん研究所(NCI)/米国国立衛生研究所(NIH)の主任研究員を務める日本人研究者、小林久隆氏らの研究グループが、医学分野の有力誌ネイチャー・メディシン誌で2011年11月6日に報告した。現在のがん治療では「手術」「放射線療法」「化学療法」の3つの方法が主流になっている。これらの治療にはどうしても副作用が付いてくる。副作用を最小限にするため、がん細胞に特有の部分を狙ってがんだけを殺すように設計された「分子標的薬」が開発されてきたが、その数はまだ少ない。研究グループは、新しいタイプの分子標的がん治療法となる「光免疫療法(PIT)」を開発した。

がんにくっついて熱で殺す

この治療は、文字通り「近赤外線」という光を使ってがんを破壊するものだ。ポイントとなるのは、一つには、がん特有の部分にくっつく「抗体」というタンパク質。さらに、その抗体とセットになってつながる「IR700」と呼ばれる色素。「フタロシアニン」とも呼ばれている。IR700は波長700nmの近赤外線を受けると化学変化を起こす。光エネルギーを吸収して発熱。がんにダメージを与えることができる。研究グループは、がんの増殖アクセルである「上皮細胞増殖因子受容体(EGFR)」にくっつく抗体とIR700を結合させた薬を作り、抗がん効果を検証した。

がん細胞が即座に死滅

まず、シャーレの中で人間のがん細胞「A431細胞」を殺せるかどうか調べた。A431細胞は実験用に培養したもので、その表面にはEGFRが出ている。作った薬をA431細胞の培養液に加え、近赤外光を当てると、ただちに細胞は死んだ。

体内でもがんが縮小

次に、新しい薬の効果を動物実験でも検証している。まずA431細胞をネズミに移植。このネズミは人の細胞に拒絶反応を起こさない特別なネズミで、がんが体内で増えてくる。がんのできた状態で、薬を使い、近赤外光を当てたところ、がんを縮小させることができた。薬はがん細胞の内側よりも、がんの表面に効果を示していた。タンパク質をターゲットにしているところで効果が高まると見られた。

がん「だけ」を殺せる!

さらに、この薬はがん細胞にくっつかない限り、体に害を与えないと確認している。がん細胞にくっついて初めて、近赤外線を当てるとそのくっついたがん細胞を殺す。副作用軽減につながる重要なポイントと研究グループは説明している。臨床試験では頭頸部がんの10人ほどを対象として、近赤外線を当てずに安全性を確認する見通し。その後、20人前後で近赤外線を当てて治療効果を検証する予定という。がんの治療では従来ないアプローチも注目されそうだ。

文献情報

Mitsunaga M et al. Cancer cell-selective in vivo near infrared photoimmunotherapy targeting specific membrane molecules. Nat Med. 2011;17:1685-91.

Nat Med. 2011 Nov 6;17(12):1685-91. doi: 10.1038/nm.2554. Research Support, N.I.H., Intramural

今日の閲覧数ランキング10

[wpp range='dayly' order_by='views' limit=10 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

最近1週間の閲覧数ランキング20

[wpp range='weekly' order_by='views' limit=20 thumbnail_width=70 thumbnail_height=70 stats_comments=0 stats_views=0]

関連記事

  1. 【ソルビトールを徹底解説】安全性が高いってホント?効果・作用や注…

  2. 背中のシミが気になる人は必見!紫外線やストレスに要注意!もしかし…

  3. はしか(麻疹)は感染力が非常に強い感染症!ワクチンで予防を!合併…

  4. 手のひらがかゆい!原因は乾燥やアレルギー、肝臓からのサインの場合…

  5. 【人の目を気にしないでのびのび生きよう!】その自由な生き方4つの…

  6. ひまわりの種は結構すごい!?メジャーリーガーが試合中に愛用する理…

  7. [ほっこり子育て漫画 vol.15]最近流行っている遊び

  8. キスの意味は場所ごとに違うって本当?相手の気持ちがわかっちゃう!…

  9. オーガニズムカクテルの意味や由来って?おすすめのレシピを大公開!…

  10. 【天然ボケ5つの特徴とは!?】あなたの天然ボケ度チェックとビック…

  11. ツブツブが怖い「集合体恐怖症」とは?恐怖の理由と克服方法をチェッ…

  12. 好き避けをする女性の特徴って?好き避けをする女性の心理と典型的な…

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る