menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. 春のママコーデにぴったり!楽ちんなのに"こなれ感"…
  2. プチプラでサプライズ♡ 魅惑のロマンティックレースアイテム!
  3. 女の子の大好物♡「グミVSチョコ」太りやすいのはどっち?
  4. \韓国限定/スターバックスのキャンディボトルが可愛すぎて売り切れ続出♡…
  5. 非リアだって良いやない!女同士で千葉の夜景を眺めるのもおすすめ♡
  6. 口の中でとろける♡ツナが美味しいパスタのレシピ
  7. 渋谷にNEW OPEN! 走りながら女性らしい体型を目指す女性専用スポ…
  8. がっつり美味しい!富士市の居酒屋
  9. 今日の足元♡『春を迎えに。ピンクコーデに合わせたい足元♪』
  10. 11月6日発売!アクセーヌのコスメでお肌の管理も大切にしながら可愛くメ…
閉じる

キュレーショナー

1日せいぜい30円の下痢薬が糖尿病性腎症に有効か、透析の最大要因に一石

日本でも透析の最大の原因となっている「糖尿病性腎症」に、下痢の薬が効くかもしれない。既に日本でも使われている薬で1日せいぜい30円ほどの薬だ。動物実験の段階ではあるが、有望な薬剤候補になるかもしれない。

厄介な糖尿病性腎症

中国協和医科大学院のサン・シファン氏らの研究グループが、薬理学クリニカル・アンド・エクスペリメンタル・ファーマコロジー・アンド・フィジオロジー誌オンライン版において2015年4月に報告したものだ。血糖値が正常範囲を超える「糖尿病」は、主に自分の体の防御システムである免疫系の異常によるとされている「1型糖尿病」と、主に生活習慣が原因とされている「2型糖尿病」の2種類が知られる。特に2型糖尿病の人が増えており問題となる。糖尿病が悪化すると腎臓の機能が低下して、血液のろ過が難しくなる糖尿病性腎症に至る。糖尿病性腎症になると、定期的に透析を行って人工的に血液から毒素を除く治療を受ける必要がある。いかに透析に至る人を減らすか、その原因となる糖尿病性腎症を防ぐかが大切になる。従来、糖尿病性腎症はいったんなると治すのが難しく課題となっている。

血糖、脂質を下げて腎臓のダメージ減らす

その糖尿病性腎症に効果を示す可能性が浮上しているのが下痢の薬として使われているベルベリンである。日本ではキョウベリンという商品名で使われており、1日の薬代はせいぜい30円程度の安い薬だ。研究グループは動物実験でそのメカニズムを検証した。ネズミに対して高カロリーのエサを与えて、膵臓にダメージを与える薬であるストレプトゾトシンを投与し、2型糖尿病を引き起こした。ベルベリンで治療をしてその影響を調べた。糖尿病となったネズミは2つのグループに分けて、一方には20週間にわたってベルベリンをチューブで与えて、もう一方には与えないようにして変化を見た。血液、腎臓から排出されるタンパク質、各種の組織、免疫反応などを検証した。結果として、ベルベリンが血糖と脂質の血中濃度を下げる上に、腎臓から出てくるタンパク質の一種であるアルブミンの尿中排出を抑え、さらに腎臓の組織学的なダメージを和らげていると突き止めた。

腎臓の炎症や機能しない線維を抑える

ベルベリンでの治療によって、「NF-κB」と呼ばれる遺伝子のコントロールに関わる分子が不活発になって、腎臓の炎症が抑えられていた。さらに、炎症を引き起こす分子は高まらないように抑えられ、組織を余計に増殖させる分子として「TGF-β」「Smad3」の信号も不活発にした。機能しない組織である「フィブロネクチン」「1型コラーゲン」「4型コラーゲン」も抑えて腎臓が機能しない線維で埋められるのを抑えていた。炎症、機能のない線維組織の蓄積、脂質異常を防いでいたわけだ。実験の段階ではあるが、既に使われている薬で安いだけに、今後、注目される可能性はありそうだ。

文献情報

Sun SF et al. Renoprotective Effect of Berberine on Type 2 Diabetic Nephropathy in Rats. Clin Exp Pharmacol Physiol. 2015 Apr 13. [Epub ahead of print]

Clin Exp Pharmacol Physiol. 2015 Jun;42(6):662-70. doi: 10.1111/1440-1681.12402. Research Support, Non-U.S. Gov’t

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. キャベツダイエットで成功者続出!3ヶ月で20kg痩せた人も!

  2. 慢性骨髄性白血病の再発を防ぐ治療薬の開発へ、広島大学グループが新…

  3. たちが悪いってどういうこと?たちが悪い人に共通する3つの特徴

  4. 抗うつ薬のパロキセチン「若い人には効果なし」、有力医学誌で再検証…

  5. 愛知でサイクリングするならここ!楽しすぎて1日中いたくなるサイク…

  6. 魚よく食べる人「うつ」の危険性が低く

  7. お尻の筋肉が痛いのは腰痛の原因かも!毎日できる簡単ストレッチをご…

  8. 前歯が大きい理由は遺伝にあった?!出っ歯は治すことができるの?矯…

  9. ふくらはぎのパンパンを何とかしたい!足の筋肉太り?4つの原因とは…

  10. 太刀魚の栄養まとめ!脂っこいのにしつこくない秘密とは?ガンを抑制…

  11. 人気のハンドクリーム20選♡選ばれる理由は「保湿」だけじゃない!…

  12. 気分の上下が病的に激しい人、その裏に遺伝的な仕組み、「双極性障害…

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、Hot Topicsを更新しています。気に…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る