menu
閉じる
閉じる
閉じる
  1. シティーボーイ好きの“シティーガール"が注目してるアメトラス…
  2. 爪まできらっとおめかしするの♡美しい輝きを放つホイルネイルカタログ
  3. 【3/1〜】ピンクでかわいい ♡ギャレットポップコーンとQ-pot.の…
  4. 柏の素敵な個室居酒屋で美味しいお酒を楽しもう♪
  5. 「ミュウミュウ」が伊勢丹新宿店でシューズの期間限定店をオープン
  6. 今欲しい!今着けたい!!グロッセグラッセの大人可愛いアクセサリー♡♡
  7. ボーダーワンピが使える♡いろんなコーディネート術
  8. 見て触れて楽しもう!アドベンチャーワールド周辺で宿泊するならこのお宿
  9. 無条件に愛おしくなる。男女両モテ「ベビーミディアム」ヘアカタログ
  10. 忙しくても手作りで想いを伝えたい♡5・10・15分バレンタインレシピ集…
閉じる

キュレーショナー

チーズアレルギーについて|原料の違うチーズなら大丈夫かも!?吐き気などのよくある症状や、有効な検査方法も紹介!

チーズアレルギーって何だろう?

チーズに含まれる牛乳や乳製品で主にみられるアレルギー

チーズにアレルギー反応があると考える際、牛乳や乳製品からも同様にアレルギーが引き起こされることを考える必要が有ります。チーズは原材料となる生乳にレンネットを混ぜるなど、加熱や発酵等の工程を経て出来上がる乳製品ですが、それを経てもなおチーズにはアレルギーを発症する成分が含まれる可能性が高いです。

そのため、牛乳だけでなく、様々な加工が施された乳製品から同様にアレルギー反応が起きることが考えられます。牛乳や乳製品の飲食により下痢や嘔吐、じんましん等がすぐに出たり、または遅れてでも発症するようであればアレルギーの可能性があるでしょう。

チーズアレルギーで考えられる原因は?

牛乳の時点から含まれるカゼインが原因

牛乳や乳製品がアレルギーを引き起こす主な原因としては、たんぱく質の一種となるカゼインがあります。乳製品として、生乳に加工を加え、発酵することで出来上がるチーズですが、出来上がるまでの様々な加工をしたにもかかわらずこのカゼインは特に分解しにくいために、加工後の製品となっても注意が必要となります。

また、卵や小麦粉が様々な料理に使われるように、乳製品もまた様々な料理に使われているため、食品選びの際には原材料に気をつける注意力も必要です。おやつにも牛乳やバターなどを使用したものがあるので注気を付けましょう。

もう一つのたんぱく質、βラクトグロブリン

牛乳と、人間の母乳の栄養価は違います。カゼインが母乳には含まれていないように、βラクトグロブリンもまた母乳には含まれません。このβラクトグロブリンは牛乳や羊乳に含まれているものであり、こちらもカゼインと同様にアレルギーを引き起こす可能性のあるたんぱく質の一種となっています。

母乳と動物乳の成分の違いは、カルシウムやミネラル、たんぱく質が牛乳に比べて母乳は少なく、その代りとなるように鉄やビタミンCが多く含まれていることです。人に合わせて作られている母乳の成分にはアレルギーに該当するカゼインやラクトグロブリンは含まれていないため、安心して赤ちゃんに栄養を与えたいと考える際には牛乳よりも母乳が良いでしょう。

チーズの原料によってもアレルギー反応が違う

チーズは乳製品に分類され、乳中のアレルゲンであるカゼインが原因でアレルギー反応を発症させますが、乳の原材料によっても症状の発生に違いがあります。代表的なチーズは乳牛の乳が原材料ですが、チーズには山羊、羊、豆乳など様々な原料のものがが販売されています。

牛の乳が原材料のチーズは食べられないが、山羊の乳が原材料のチーズは食べられるなどの報告もあります。牛の乳のチーズに反応が出たからと言って、全てのチーズが食べられないと決まったわけではないので、山羊など他の原材料のチーズを試してみるのも一つの方法です。

チーズアレルギーの症状は?

吐き気や腹痛、じんましん

一口にチーズアレルギーといっても、チーズの原材料となる牛乳の時点からアレルギー成分が含まれているため、アレルギー症状が起きる対象は加工品まで数多く広がります。牛乳を飲むことでお腹を壊したなどの症状は、その時点ではまだアレルギー症状に完全に該当するとは言えません。

牛乳や乳製品を飲食することで肌にアレルギー症状とされるじんましん等が出たのであれば、それはアレルギーに該当する可能性が出てくるでしょう。飲食してすぐに即効性の症状が出てくることも、後から下痢や嘔吐の症状を伴って発症することもあるので注意が必要です。加熱をすることでいくらかの原因を除去する事も可能ですが、完全に取り除くことは難しいでしょう。

口回り等への炎症や呼吸器への異常

チーズアレルギーの症状がひどくなってくると、牛乳や乳製品を口に近づけただけでもアレルギー反応として唇まわりに炎症などの症状が起こることもあり、無理して飲食をすることは更なる異常を引き起こす可能性が高くなってきます。

ぜんそくのように咳が出ることや、呼吸がしにくい、鼻炎症状を引き起こす事さえありえます。風邪と勘違いしがちですが、この症状は風邪ではないため、風邪薬ではもちろん治ることはありません。アレルギー反応を抑える薬は市販薬や処方薬があるため、ある程度はそちらで抑えることができます。

アレルギー症状を起こさないためには、そもそもアレルゲンに反応することがないよう、食事に牛乳や乳製品の一切を取り入れないようにするのが最も効果的です。

アナフィラキシーショックとは

アレルギーの症状で最も重症なケースはアナフィラキシーショックになります。アレルギーの症状は、粘膜系や皮膚、循環器系や呼吸器系、消化器系、神経系の症状に大きく分かれますが、これらの中で2つ以上の重篤な症状が同時に発生するのをアナフィラキシーと呼びます。

一例を挙げると、ぜんそくとじんましんの症状が出たり、動悸と同時に嘔吐を繰り返す場合などです。さらに血圧が下がり意識がはっきりしない場合はアナフィラキシーショックと言い、すぐに適切な処置や治療を行わないと生命を脅かします。

食物が原因のアナフィラキシーショックの多くは、発症から心肺停止までの期間がおよそ30分と短く迅速な対応が求められるので、ショック状態になった場合は速やかに救急車を呼びましょう。

チーズアレルギーの検査方法には何がある?

食事内容の記録や血液検査

チーズや乳製品、牛乳等の飲食をすることでアレルギー症状が出た場合、本当にそれらにアレルギーが該当するかを検査した方が良いでしょう。アレルギーにも様々な種類があり、普段の食事では卵や小麦、果物なども一緒に摂取しているため、これらのアレルゲンに該当する可能性があるためです。

その際、最近は何を飲食していたかの記録を取ること、症状が出た際にどのような症状が起きたかを記録する事は、該当するアレルギーを絞り込む手掛かりとなります。また、血液検査ではたんぱく質の増加、ヒスタミン検査、白血球等を調べることで食物アレルギーであるかを診断していく事が可能です。

食事に加えない除去試験

アレルギー症状があるものの、どの食事が該当するかわからない場合には、除去試験という方法で絞り出す方法も有効です。チーズアレルギーに該当するのではないかと考える場合、除去試験を行う際にはチーズに関する食事を一切取らないようにする期間を設けることになります。

チーズに関するものと言えばもちろん牛乳やそれを原料とした乳製品となりますので、チーズを使用するピザや、牛乳やバターを混ぜ込んだお菓子などを食べない、限られた食事をする必要が有ります。このように、食事からチーズ等を除去した期間を続けて症状が出なければ、ほぼリスクもなくアレルギーを絞ることができるでしょう。

パッチテスト

パッチテストとはアレルギー反応などの有無を調べる簡易のテスト方法です。この方法は化粧品やアロマオイル、ヘアカラーなどをすることの多い女性の方がなじみの深いものだと思います。

その方法とは、テストを行うアレルゲン抗体を含む液を二の腕や太ももの内側などの皮膚が柔らかい部分に十円玉ぐらいのサイズで塗り、専用の絆創膏を貼って時間経過による反応の有無や変化をみるものです。

ただしこの検査方法は汗や入浴などの外的要因によって正しい反応が見られなくなってしまうことがあるので、なるべく医療機関に相談の上で行う必要があります。

チーズアレルギーって治るの?

基本的に治すのは難しいが可能性はある

チーズアレルギーを持つ方がそのアレルギーを治療するのは難しく、牛乳に含まれているカゼインはたとえ加熱等の処理を施して乳製品へと変わったとしても高確率ですべてが取り除かれることはありません。

そのカゼインがアレルギーの原因として主なものとなる以上、乳製品からはアレルギーが引き起こされる可能性があります。チーズを少しずつ取り入れていくことでアレルギー症状をなくそうという方法もありますが、長い潜伏を経て再び発症することもあるために完治は難しいです。

また、赤ちゃんの場合は3歳ぐらいを過ぎたら治ることもあり、それまでに徹底して乳製品の食事を除去する、薬を飲みアレルギーを抑えつつ取り入れる方法があります。

赤ちゃんのチーズアレルギーに注意しよう!

栄養素の豊富な牛乳にはカルシウムやたんぱく質などが含まれ、赤ちゃんの小さなうちからではその栄養素を消化しきれない可能性があります。小さなうちの赤ちゃんの身体機能は発達途中であり、腸も未発達であるため、アレルギーが起こることがあります。

未熟な腸機能では消化できないので、アレルギー反応が起きるのは負担を回避するための拒否反応といえます。出来るかぎり成長を待って、離乳食から少しずつ食事に取り入れていくなど、だんだんと順応させていくといいですね。

まとめ

チーズアレルギーの原因は牛乳に含まれるカゼインが主なものとなり、様々な乳製品へと加工されたとしてもこれが取り除かれることはほとんど無いため、チーズや牛乳、乳製品には注意する必要が有ります。

卵のように、加熱することでアレルゲンが取り除かれるといった事はカゼインには無く、無理して食べるとおう吐から呼吸器等への異常もあるため出来るかぎり避けるのが無難です。

今日の閲覧数ランキング10

最近1週間の閲覧数ランキング20

関連記事

  1. 【お知らせ】「専門家による記事確認」および「記事内容に関する通報…

  2. 虚栄心を手放す6つの方法!ありのままの姿こそ、あなたの魅力です

  3. 自閉症を悪化させている遺伝子を発見、米国エール大学

  4. 【美の秘訣 vol.2】立ち方&歩き方を変えればもっとキレイにな…

  5. 断食の方法は簡単?6つの効果と断食の種類・朝だけ断食や注意点など…

  6. [ほっこり子育て漫画 vol.13]食べたいのに食べられない2

  7. 【玉川岩盤浴】奇跡のパワー!全国から難病患者が押し寄せる玉川温泉…

  8. 腱鞘炎になる人が急増中?!悪化させると手術が必要!7つの症状や病…

  9. 髪にも頭皮にもやさしさを!アトピーのためのシャンプーや石鹸全14…

  10. 薬よりも糞便移植、1700年前に「黄色いスープ」と呼ばれた治療は…

  11. つわりの原因を知って対策を練ろう!つわりの症状やピーク、今すぐで…

  12. 実は腎臓の病気かも?背中が痛いときの対処法とセルフチェック

最新記事

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…

最近の投稿

ピックアップ記事

  1. ヘルスケアやスキンケアの最新の情報をお届けするために、WELQではH…
  2. 相手の気持ちがわからない人が増えてきている! …
  3. 年上好き男子が増えている …
  4. 大学生恋愛をしてますか?! …
  5. お腹の空き(空腹)と上手に付き合う方法は? …
  6. 目に良い食品としてはブルーベリーがよく知られている。ほかにも目の健康…
  7. そもそも好き避けってどういう意味!? …
  8. 妊娠の兆候はいつから? …
  9. サヴァン症候群とは …
  10. 米国西部の地域では、標高が高くなるにしたがって肺がんの発生率が減少す…
ページ上部へ戻る